Go to content Go to navigation Go to search Change language

ホーム>作品と宮殿>コレクションと学芸部門>小像 ホルスに乳を与えるイシス女神

作品 小像 ホルスに乳を与えるイシス女神

古代エジプト美術部門 : 宗教と葬祭信仰

小像 ホルスに乳を与えるイシス女神

© 1998 Musée du Louvre / Georges Poncet

古代エジプト美術
宗教と葬祭信仰

執筆:
Ragazzoli Chloé

後代になって、ホルスに乳を与えるイシス女神のブロンズ像が数多く作られるようになった。オシリス神の妻イシスは、女性の美徳の具象であり、王の後継者の偉大なる母と見なされている。紀元前1千年紀には、イシスは熱狂的な宗教的信仰の中心人物となった。ヌビアのフィラエ島にある神殿や、地中海沿岸全域でイシス信仰が普及したことがそれを物語っている。

良妻賢母の女神

イシスはオシリス神の妻であり妹でもあり、女性的な役割においてオシリス神を補佐している。冥界の女神であると同時に再生の女神でもある。王位を奪取しようと企んだ弟のセト神に切り刻まれたオシリス神の四肢をつなぎ合わせたのもイシスである。そしてオシリス神の息子ホルス神を身ごもった。この彫像は、明らかにイシス女神の母としての役割をふまえて作られ、エジプトの王位継承者であるホルス神は、ここでは王としての役割を具現している。

宗教形式にのっとった母子像

イシス女神の小像は、銅含有金属から出来ており、イシスが腰掛けていた玉座(あるいは椅子)は今日消失してしまっている。母と子という二つの構想を、直角に交差させて構成したものである。女神は、簡潔に表現された体に密着した丈の長い衣装を身にまとい、左腕でホルス神の頭を支え、右手で左の乳房を差し出している。ホルス神の像は、イシス女神の膝の上で溶接されているようだ。ホルス神は、腕を体に沿って伸ばし、開いた両手を膝の上に置き、脚を揃えており、幼児の持つ自然な柔軟性に欠けている彫像といえる。宗教的に厳格に規定された構図に従った結果、仕草は不自然で写実性を欠いたものとなっている。
イシス女神は、金の象嵌細工を施した首飾りと鬘をつけ、何匹かの鎌首をもたげる聖蛇ウラエウスが付いた冠を被り、その上には雌牛の2つの角に挟まれた太陽円盤が載っている。額の上方には、二匹のウラエウスに囲まれハゲタカの頭が付いており、鬘は、母神の象徴でもあるハゲタカの剥ぎ皮で飾られている。イシス女神の白目には、ホルス神と同様な金張りが施され、瞳孔は黒くなっている。

数千ものブロンズ像

後代のエジプトでは、聖地を巡礼する際に、ブロンズ製の神の小像を作らせて神に捧げるのが慣習となっていた。そこで、これらの彫像を捧げる場所を作るために、以前に奉納された数千もの彫像が何か所かに隠されていたのが発見されている。
子に乳を与えるイシス女神の偶像は、紀元前1千年紀になってはじめて普及したもので、それ以前の時代では、ムウト女神やハトホル女神などの女神がその役割を担っていた。「天空の雌牛」あるいは「ホルスの家」とも呼ばれるハトホル女神が持つ牛の角は、以後は常にイシス女神に付与されるようになった。この作品は、当時よく普及していた様々な品質の彫像を知るうえで格好の例である。その後、短期間でイシス女神は普遍的な母の象徴となったため、このタイプの作品の出所や年代を特定することは難しくなった。キリスト教時代には、全く異なった様式ではあるが、聖母マリアがイシス女神の役割を果たすようになる。

出典

Aubert Jacques-François, Aubert Liliane, Bronzes et or égyptiens, Paris, Cybèle, 2001.


Michaelides G., "Contribution à l'étude de la grande déesse en Égypte : II. Isis déesse de l'amour", in Bulletin de l'Institut d'Égypte, n 37, 1956, pp. 191-213.


Müller H. W., "Isis mit dem Horuskind : ein Beitrag zur Ikonographie der stillenden Gottesmutter in hellenistischen und römischen Ägypten", in Münchner Jahrbuch der bildenden Kunst, n 14, 1963, pp. 7-38.


Roeder Günther, Ägyptische Bronzefiguren, Berlin, Graphische Werkstätten, 1956.

作品データ

  • 小像 ホルスに乳を与えるイシス女神

    末期王朝時代、前664-前332年

  • 銅合金(ブロンズ)

    高さ27.4cm

  • 1860年に購入

    E 3637

  • 古代エジプト美術

    シュリー翼
    1階
    神々と魔術
    展示室18

来館情報

ルーヴル美術館 パリ フランス
地下鉄:1番線または7番線、Palais-Royal Musée du Louvre 駅
 
開館時間
月・木・土・日:9時-18時
水・金:9時-21時45分(夜間開館)

休館日:毎週火曜日、1月1日、5月1日、12月25日
 
 

チケットを購入する