Go to content Go to navigation Go to search Change language

ホーム>作品と宮殿>コレクションと学芸部門>幼児ラメセス2世の奉献板

作品 幼児ラメセス2世の奉献板

古代エジプト美術部門 : 新王国時代(前1550-前1069年頃)

幼児ラメセス2世の奉献板

© Musée du Louvre/G. Poncet

古代エジプト美術
新王国時代(前1550-前1069年頃)

執筆:
Élisabeth Delange

この小さいステラ(石碑)は、両面に浅浮彫が施されている。ラメセス2世の宰相による献辞が刻まれており、王が幼児の姿で座っているところが描かれている。口に一本の指を当て、三つ編みが一本横に垂れている。裏側には、宰相がプタハ神を拝んでいる図像が彫られている。カデッシュの戦いの勝者であることをしばしば誇りにしていたラメセス2世が、このように幼児の姿で表されているのは思いがけないことで、それゆえに、この図像には解釈を要する意味が含まれている。

両面の図像

この小さいステラは両面に図像が彫られている。表側に描かれている王子は、そこに刻まれたカルトゥーシュ(王名枠)から、かの有名な偉大な征服者ラメセス2世と特定できる。ここでは、王は指一本を口に当て、横に垂らした三つ編みだけを残した剃髪にし、慣用的な幼児の図像で表されている。頭部には、ウラエウス(聖なるコブラ)で飾られたバンドを付けており、柔らかいクッションの上に座っている。裏面には、名前は消失しているが、宰相特有の衣装を身にまとった人物が、両腕を上げてプタハ神を崇拝している。小礼拝堂にいるプタハ神は、ぴったりした長衣を着用し、丸い兜のような髪型をしている。真直ぐに伸びたひげをたくわえ、首飾りをつけ、手にはさまざまな象徴を組み合わせて作られた王笏を握っている。

創造の神々

この奉献板の両面に描かれた図像は、各々が微妙に関連し合っている。王に捧げられたこの奉献板に描かれた王の図像の中には、クッションが、地平線を示す記号アケトの形で表現されているのが見て取れる。神童は、原初に生まれた創造神の姿、「ラー神に選ばれた」者、つまり地平線から昇る太陽を想起させる。要するに、王は最も主要な創造神であるラー神の化身として表わされている。
裏面には、古王国時代の首都であった、メンフィスの守護神プタハ神が描かれている。ラメセス2世は、とりわけメンフィスを重要視し、偉大なる職人と見なされていたプタハ神を特に厚く崇拝した。メンフィスの神学論によると、プタハ神は思考と言葉から生命を創り出したと考えられていた。アブ・シンベルの有名なラメセス2世の岩窟神殿に見られるように、ラメセス2世はこの2柱の創造神像の制作を奨励した。

永遠なる幼児、ラメセス2世

王子像は、先代の手本を模倣したものと思われる。ほっそりした指、曲げた人差し指、小さな房飾りのついた耳飾、横向きのポーズ、背中まであるひだ付きの長い腰衣などは、アメンヘテプ4世の王女たちが描かれた様式と類似している。実際に特定の幼児の肖像を表しているのではなく、このような図像が金やカーネリアンからできた護符によくみられることから、繰り返しよく使われた図像のテーマであったことが分かる。カイロのエジプト博物館に収蔵されているハヤブサの巨像の両脚の間に屈んだラメセス2世の像に見られるように、王は自分の肖像に関し、独自な芸術方針を作り上げていた。67年続いたラメセス2世の治世は、エジプト史上で最も長いものの一つで、ラメセス2世は、王位更新祭を通して、王国に永遠に若い活力を示さなければならなかった。エジプトの活力は、王の活力に依存すると考えられていたからだ。

出典

Les Pharaons, catalogue de l'exposition, Venise, 2002, notice 45.

- BARBOTIN Ch., DAVID E., L'Abécécaire de Ramsès II, Paris, 1997, p. 1, 13, 99, 115.

- ANDREU G., RUTSCHOWSCAYA M. H.,  ZIEGLER C., L'Egypte au Louvre, Hachette, Paris, 1997, p. 144, 254, notice 65.

- Nefertari, catalogue de l'exposition, Luce d'Egitto, Rome 1994, p. 154-155.

- Le Monde de la Bible, 1978, n 78 , p. 16, 18.

- Mémoires d'Egypte, catalogue de l'exposition, Bibliothèque Nationale, Paris, 1990, p. 50-51, notice 10.

作品データ

  • 幼児ラメセス2世の奉献板

    新王国時代、第19王朝、ラメセス2世治世下(前1279-前1213年)

  • 彫刻(浅浮彫)、石灰岩

    高さ18cm、幅13cm、奥行き3.80cm

  • 1826年にソールト・コレクションから購入

    N 522

  • 古代エジプト美術

    シュリー翼
    2階
    新王国時代:ラメセスの時代 紀元前1295‐紀元前1069年頃 ファラオ王朝
    展示室27

来館情報

ルーヴル美術館 パリ フランス
地下鉄:1番線または7番線、Palais-Royal Musée du Louvre 駅
 
開館時間
月・木・土・日:9時-18時
水・金:9時-21時45分(夜間開館)

休館日:毎週火曜日、1月1日、5月1日、12月25日
 
 

チケットを購入する