Go to content Go to navigation Go to search Change language

ホーム>作品と宮殿>コレクションと学芸部門>

"© 1993 RMN / Daniel Arnaudet

工芸品
17世紀

執筆:
Barbier Muriel

17世紀、アウグスブルクでは宝石細工が盛んだった。ルーヴル美術館のこの翡翠の壺はその作品を今に伝えるものである。これはルイ14世によって、現在パリの国立自然史博物館に収蔵されているもうひとつの杯とともに購入された。豪華に装飾された金具はヨハン・ダニエル・マイヤーによる石の加工と同時代の作である。

アウグスブルクの宝石細工師

17世紀の30年代から65年頃、アウグスブルクでは何人もの宝石細工師の活動が知られている。その中のひとりがヨハン・ダニエル・マイヤーで、彼は1662‐1663年頃に、今日シュトゥットガルト州立美術館に保存されている壺をヴルテンベルク公爵エベルハルト3世(1614–1674年)に納入している。マイヤー制作の壺は主に碧玉で、葉の装飾が浮彫で施されている貝形の杯、手摺子形の脚、貝形の台という3つの部分から構成される。石の細工と同時代の金具は別々の金銀細工師によって制作されている。ルーヴル美術館の杯はマイヤーの作品の特色を示しているので、制作者は確信をもってマイヤーと同定することができる。

翡翠の壺

この石には丸ひだ装飾が彫り出されている。鋭角で区切られた丸ひだ装飾には大きな葉が彫られている。先端には球体が接合され、より明るい色の翡翠を彫った鷲が加えられているが、これらは当初の構想にはなかった。渦巻模様を2つ合わせたS字形持送りの脚は円形の台に支えられている。この継ぎ足された台は貝の形をしており、百合の花が刻まれている。

宝石で飾られた金具

金具は金めっきした銀を宝石で被った3つの部分、つまり2つの環と台座の縁からなる。上の輪には、アメジストの周りを 橄欖石2個と黄水晶4個が囲んでつくる薔薇6個とトルコ石6個とが交互に並んでいる。下の輪にも上の輪ほど豪華ではないが同じ装飾がある。色鮮やかな台座の装飾は次の3つのタイプに分けられる。ローマ皇帝の肖像を彫った大きな珊瑚のカメオが8つのアメジストまたは黄水晶に囲まれたもの4個、八角形の 橄欖石が6つのアメジストと2つの黄水晶に囲まれたもの4個、八角形の大きなアメジストが4つのトルコ石と6つの黄水晶に囲まれているもの8個である。この非常に贅沢な金具は、ドレスデンの緑の丸天井宝物館に保存されている水晶の水差しの金具装飾に似ている。この金具を通してこの杯は、17世紀ヨーロッパの金銀細工の趣向を示す作例に数えられる。

出典

Alcouffe Daniel, Les Gemmes de la Couronne, Editions de la Réunion des musées nationaux, 2001, p. 354-356.

作品データ

  • Johann Daniel MAYER

    1660‐1670年頃

    ルイ14世コレクション

    神聖ローマ帝国、アウグスブルク

  • 翡翠、一部金めっきした銀、珊瑚のカメオ4個、アメジスト74個、橄欖石(かんらんせき)26個、黄水晶82個、トルコ石42個

    高さ38cm、奥行き18.5cm、厚み0.5cm

  • MR 185

  • 工芸品

    ドゥノン翼
    2階
    アポロンのギャラリー
    展示室66

来館情報

ルーヴル美術館 パリ フランス
地下鉄:1番線または7番線、Palais-Royal Musée du Louvre 駅
 
開館時間
月・木・土・日:9時-18時
水・金:9時-21時45分(夜間開館)

休館日:毎週火曜日、1月1日、5月1日、12月25日
 
 

チケットを購入する

作品の補足情報

台座の縁に刻印された数字:93(1791年の目録番号)