Go to content Go to navigation Go to search Change language

ホーム>作品と宮殿>コレクションと学芸部門>槍投げ選手

作品 槍投げ選手

古代ギリシア・エトルリア・ローマ美術部門 : クラシック時代のギリシア美術(前5-前4世紀)

槍投げ選手

© 1997 Photo RMN / Hervé Lewandowski

古代ギリシア・エトルリア・ローマ美術
クラシック時代のギリシア美術(前5-前4世紀)

執筆:
Astier Marie-Bénédicte

時にエトルリアの作品とみなされるこのブロンズ作品は、競技優勝者を称えるために当時ギリシア植民地であったイタリア南部のマグナ・グラエキアのメドマの都市の工房にて、恐らく紀元前5世紀初期に制作された。その姿勢、特に右手の指の形は、矢を遠方に放つためのアンキレと呼ばれる革紐を巻きつけた槍投げ選手ということを物語る。直ぐにそれと分かる身振りにもかかわらず、この作品はその一瞬を描いたものではない。

奉納のブロンズ像、槍投げ選手

王室家具調度保管所の目録によると、このブロンズ像は1684年前に王室コレクションに加わった。この作品は恐らく競技優勝者を称え、神殿に奉納するために制作された。その姿勢、とくに指の形は、槍を遠方に放つため、人差し指と中指にアンキレと呼ばれる革紐を巻きつけた、槍投げ選手のように思わせる。その身振りは一見にしてそれと分かるが、投擲のある特定の一瞬を描いたものではない。今日失われた槍は、手中に設けられた固定のための仕組みから、地面に向け傾けられていたことが分かる。紀元前4世紀末よりブロンズは、ギリシアとその植民地のイタリア南部の彫刻家に好まれていた素材となった。それは大理石では表現が難しい動作表現に適しており、それまで存在しなかった表現を可能性とさせた。その技術の利点を生かした競技者の人物像は、紀元前5世紀初期に好まれた主題であったことを表示する。

厳格様式の改革とアルカイック期の伝承

この小像は、アルカイック時代直後からクラシック時代初期の厳格様式世代の彫刻家たちにより作り上げられた美的革新を証言している。その輪郭は、その厳粛な様子、正面性、青年の裸体、右足よりも長く規則どおり前に出た左足などに見られるように、紀元前6世紀のクーロスの面影をいくつか残す。しかしながら男性裸体の発達は、そこに顕著に表れている。その肉付きはたくましいながらも柔軟性を持ち合わせるようになった。胸部と腿の表現にいくつかの体形的迷いがあるにもかかわらず、筋肉の観察は、特に膝やふくろはぎなどにとても正確に表されている。背中のうねり、胸筋の軸線と胸郭のそれとのずれなどにより、競技者の動きは表現されている。短い髪、厳粛、真剣な人相はアルカイックの人物像が放つ愛想の良い笑顔は見られない。

マグナ・グラエキアの作品

幾度にもわたりエトルスクの作品と認定されたこの作品は、今日ではむしろギリシア植民地時代の紀元前5世紀初期に、イタリア南部のメデナの都市の彫刻家により制作された作品と考えられている。青年の重々しいプロポーション、縦、横の幅が同じ頭部の均整、時にはまとまりが無く簡略化され、時には細部に渡り観察された筋肉の不均質な加工などはマグナ・グラエキアの固有の特性と同等である。いくつかの輪郭は、ギリシア競技会の競技優勝者の栄光を称える肖像の生産で知られる、ギリシア植民地下のイタリア南部の彫刻家、レギオンのピュタゴラスの技巧を思い浮かばせる。

出典

- Le stade romain et ses spectacles, musée archéologique de Lattes, 1994, n 7, p. 157-158.

- Les Bronzes de la Couronne, 12 avril-12 juillet 1999, musée du Louvre, Paris, 1999, n 63, p. 92.

- JANNOT J.R., "Le lanceur de javelot du Louvre ou le chemin des bronziers étrusques", in Griechische und Römische Statuetten und Großbronzen, Akten der 9 Internationalen Tagung über antike bronzen, Wien 1986, Vienne, 1988.

- JANNOT J.R.,  "Le lanceur de javelot du musée du Louvre", in Revue Archéologique, 2, 1987, p. 227-250.

- Civiltà degli Etruschi, Musée archéologique, Florence, 1985, n 10.25, p. 281-282.

- THUILLIER J.-P., Les jeux athlétiques dans la civilisation étrusque, Rome, 1985, p. 310-312, n 4.3.

作品データ

  • 槍投げ選手

    紀元前5世紀初期

    マグナ・グラエキア、イタリア南部(メドマの工房?)

  • ブロンズ、蝋型鋳造技術

    高さ:45,8cm

  • 王室コレクション、1684年以前より王室家具調度保管所に収蔵(n 63)

    Br 3

  • 古代ギリシア・エトルリア・ローマ美術

    ドゥノン翼
    1階
    オリンピアの間
    展示室4

来館情報

ルーヴル美術館 パリ フランス
地下鉄:1番線または7番線、Palais-Royal Musée du Louvre 駅
 
開館時間
月・木・土・日:9時-18時
水・金:9時-21時45分(夜間開館)

休館日:毎週火曜日、1月1日、5月1日、12月25日
 
 

チケットを購入する