Go to content Go to navigation Go to search Change language

ホーム>作品と宮殿>コレクションと学芸部門>水差し

水差し

© 1995 RMN / Daniel Arnaudet

工芸品
19世紀

執筆:
Barbier Muriel

彫刻家ジャン=バチスト=ジュール・クラッグマン(1810−1867年)の図案によると考えられているこの巨大な水差しは酒神バッカスに捧げる讃歌である。浮き彫りと高彫り彫刻の帯状装飾で飾られたこの作品で高度の金工家のしごとがわかる。しかしながら検証刻印がないのでその金工家の名前は知られていない。

巨大な水差し

この装飾用水差しは、1900年の時点でもう一つの巨大な水差しを保有していたブロ・ド・コメール夫人のコレクションから来たものである。今日ルーヴル所蔵のものは高さが1メートルにおよぶ銀器としては破格のサイズを示している。形状はルネッサンス期の水差しを採用している。小さな足に平たい結び目がついている。水差し自体は卵形で、すらりとした把手と伸びた首に長くて開いた口がついている。この巨大な銀器全体に打ち出し細工が施されていて、浮き彫りと丸彫りの彫刻が本来の形がみえなくなるまで 装飾されている。

酒神バッカスの図像集

贅沢な装飾はこのタイプの器の用途に関係して葡萄酒がテーマにとられている。足には葡萄の房に被われたテラスに子供がふたり白鳥と怪物グリフォンにまたがり、ニンフがふたりイルカにのっている。水差しの胴部は古代風の人物像がひしめく帯状装飾で占められている。正面には酒神バッカスが豊饒を象徴するテュルソスと呼ばれる彼の杖をもちアリアドネと一緒に子供達、女達をともなっている。もう一方の面には 祭尼たち、半身半獣のサテュロス、そして男達が集まり、バッカス神の祭が今まさにたけなわというところだ。 人物の重なり合った帯状装飾は、おそらく古代ローマの酒神祭をテーマにした石棺にみられる彫刻に発想源を得たと考えられる。水差しの口の真下には亀に乗った子供が急げといわんばかりにこん棒をふりあげている。そして把手には神々に酌をする召使いになるまえの美少年ガニュメデスが鷲の姿で現れた大神ゼウスにさらわれようとしている姿が表されている。

制作者は謎

この作品の図案は彫刻家ジャン=バチスト=ジュール・クラッグマンと推定されている。推定理由はネオ・ルネッサンスの旗手であり、金工家にしばしば図案を依頼されていたからである。そのうえクラッグマン図案の他の作品、たとえばフランソワ=デジレ・フロマン=ムリス制作の、パリ市よりエンジニア、エムリ氏に贈呈したエムリ飾壺との作風の相似点、 空所、隙間への恐れともいえるほどの有り余る賑やかな装飾が認められるからである。ブロ・ド・コメール・コレクションのもうひとつの水差しはジャン・フシェール(1807−1852年)の図案でアントワーヌ・ヴェシュト(1799−1868年)により彫金された。このふたつの水差しの相似点は一目瞭然である。しかしながら他の有名な金工家も排除しがたい。たとえばデュポンシェル、モレル、ファニエール兄弟などの可能性もある。検印がないため誰が制作者か残念ながら判定することができない。

出典


- ALCOUFFE, D., BASCOU, M., DION-TENENBAUM, A., MASSE, M.-M., POSSEME, E., Une dation récente : un important ensemble d’orfèvrerie des XIXe et XXe siècles, La Revue du Louvre et des Musées de France, n°1, 1996, p 82.

- Dernières acquisitions du département des Objets d’art 1990-1994, Paris, 1995, p 252-255.

- Un Âge d’or des Arts décoratifs 1814-1848, Paris, 1991, p 454-455.

作品データ

  • ジャン=バチスト=ジュール・クラッグマン(図案)

    水差し

    1848年頃

    武器製造販売人ルパージュ氏息女、ブロ・ド・コメール夫人のコレクション

    フランス、パリ

  • 鋳造銀に打ち出し細工と彫金

    高さ1m、直径(内側)27cm、幅46cm

  • 1994年、相続税代物弁済により取得

    OA 11741

  • 工芸品

    リシュリュー翼
    2階
    シュナヴァール
    展示室80

来館情報

ルーヴル美術館 パリ フランス
地下鉄:1番線または7番線、Palais-Royal Musée du Louvre 駅
 
開館時間
月・木・土・日:9時-18時
水・金:9時-21時45分(夜間開館)

休館日:毎週火曜日、1月1日、5月1日、12月25日
 
 

チケットを購入する