Go to content Go to navigation Go to search Change language

ホーム>作品と宮殿>コレクションと学芸部門>燭台板

燭台板

© 2001 RMN / Jean-Gilles Berizzi

工芸品
17世紀

執筆:
Barbier Muriel

1684年に商人ル・ブランからルイ14世が購入した燭台板は、多数の玉類とカメオからできている。17世紀の金銀細工師ピエール・ドラバール様式の金具が、これらの石を引き立てている。この作品は17世紀の玉類愛好家の関心がいかなるものであったかを伝えると同時に、ルイ14世の玉類コレクションの豊かさを示している。

玉類標本

この燭台板は、まるで沈み彫やカメオなど彫刻を施した玉類の標本のように見える。ここには紅玉髄のさまざまな形と異なった細工を見ることができる。楕円形や円形のものもあれば、方形や長方形のものもある。ところどころにある卵形や円形の紅玉髄小さな玉は、裏面に見える穴からわかるように、おそらく数珠か宝飾品から取ったものである。これらの小さな玉は、燭台板の平面にあわせて半分にカットされている。このように多様な紅玉髄の使い方は、やはりルイ14世コレクションに含まれていたルーヴル美術館MR 252の鏡にも認められる。蝋受け皿を支える持送りは、おそらく古代の壺の取っ手の一部だったものだろう。この形はルーヴル美術館MR 445の壺の取っ手に似ている。

カメオの再利用

紅玉髄の他、この燭台板にはカメオも16点使われている。紅縞瑪瑙のカメオが15点、ガーネットのカメオが1点である。これらのカメオには、神話もしくは歴史上の様々な人物が彫られている。フランス王アンリ4世のそばには王妃マリー・ド・メディシスの顔が見え、ヘラクレス、オンファレ、兜を付けたミネルヴァなどの顔もある。蠟受け皿の両側のカメオ2点には、ひとつにはバッカスに支えられたサイレン、もうひとつには白鳥を愛撫するレダが登場する。燭台板下部の先端にあるカメオは高浮彫で彫ったゴルゴンの頭で飾られ、頂部の貝の上には月桂樹の冠を頂いたローマ皇帝クラウディウスの横顔が 見える。中央のカメオには、あるメダル(個人蔵)をもとにしたエチオピア国王夫妻の横顔が彫られている。その上にはヴィーナスが 半ば横たわってクピドに手を差し伸べているところが表現されている。その他2点のカメオには女性の半身像が示される。

ドラバール様式の金具

堅石の愛好家は、好んで金銀細工の金具で玉類を装飾した。17世紀には金具の様式2つが区別できる。ひとつは金銀細工師ピエール・ドラバールの名をとったドラバール様式であり、もうひとつはより古典的な様式である。ルーヴル美術館の燭台板は、どちらかというとドラバール様式を示す。当時、小さな葉でできたブーケの図案集が数冊存在した。葉は鋸歯状や三葉形で、尖っていたり丸くなっていたりし、しばしば透かしになっていた。このブーケの中には連なった種子とエンドウ豆の鞘があるが、このモチーフは17世紀前半に流行した。このブーケの図案を描いた装飾工のなかにピエール・ドラバールがいる。彼は1625年にパリで金銀細工師の親方として認可され、ルーヴル宮内に居を構えていた。こうしたブーケは金銀細工師によって貴金属作品に取り入れられた。紅玉髄とカメオは金めっきした真鍮の板の上にまとめられ、ピエール・ドラバール様式のエマイユを施した金の小葉が石の間を結んでいる。これらの小葉には透かしの入ったものもあればそうでないものもあり、白、濃い青、緑および橙のエマイユが施されている。この金具にはまた、白い種子のモチーフが散りばめられている。この装飾は、マドリードのプラド美術館が所蔵する八角形の小箱の装飾によく似ている。この小箱はもともとマザラン枢機卿のコレクションにあったものである。

出典

Un temps d'exubérance : les arts décoratifs au temps de Louis XIII et Anne d'Autriche, Editions de la Réunion des musées nationaux, 2002, p. 281.
Alcouffe Daniel, Les Gemmes de la Couronne, Editions de la Réunion des musées nationaux, 2001, p. 388-391.

作品データ

  • 燭台板

    1630年頃

    ルイ14世コレクション

    フランス、パリ

  • 紅玉髄、紅縞瑪瑙のカメオ15点、ガーネットのカメオ1点、金めっきした真鍮、エマイユ(七宝)を施した金

    高さ45.3cm、幅24cm、厚み7.3cm

  • MR 251

  • 工芸品

    ドゥノン翼
    2階
    アポロンのギャラリー
    展示室66

来館情報

ルーヴル美術館 パリ フランス
地下鉄:1番線または7番線、Palais-Royal Musée du Louvre 駅
 
開館時間
月・木・土・日:9時-18時
水・金:9時-21時45分(夜間開館)

休館日:毎週火曜日、1月1日、5月1日、12月25日
 
 

チケットを購入する


作品の補足情報

裏面に刻印された数字:292(1791年の目録番号)