Go to content Go to navigation Go to search Change language

ホーム>作品と宮殿>コレクションと学芸部門>読書する人

作品 読書する人

イスラム美術部門 : 近代イスラム帝国

読書する人

© 2010 Musée du Louvre / Raphaël Chipault

イスラム美術
近代イスラム帝国

執筆:
Françis Richard

16世紀末の流行に合わせて、ペルシアの写本の豪華版は、巻頭の見開きの二頁で、詩歌を読む楽しみを想起させる装幀になっている。ここでは、当時のムガール帝国のインドに見られ、また、イランでも借用された作風であるが、詩を愛好する若い男性の着物と、彼に向い合う形で杯を持った若い女性の着物に、様々な人物、動物、動物を混ぜ合わした架空の動物(象もしくは馬)などが、寄せ集められている。

異なるふたりの画家による作品

この見開きの頁と向い合う、もう片方の頁が、 現在、ワシントンのサクレー・ギャラリーで保存されているが、1611年から1642年までブハラの王であった、イマーン=クリ・ハーンの治世下か、もしくは、その少し前に制作されたものである。このテラスにいる若い男性の人物像は、画家ムハンマド・シャリフ・ムサヴィールの作で、その名前が、この人物像が読んでいる写本の縁取りの部分に記されている。この画家は、1616年に制作された、もう一つの作品で知られており、その作品は、ダブリンのチェスター・ビーティ・ライブラリーに保存されている。このルーヴル美術館所蔵の作品は、縁取りの部分が別の画家によるもので、その「激烈な」とも呼べる画風は、画家ムハンマド・ムラード・サマルカンディのものであり、彼の名前は、川の畔の石の上に記されている。ワシントンにある、この頁に向い合ったもう一頁の縁取りもこの画家によるものである。この画家は、ダブリンのチェスター・ビーティ・ライブラリー収蔵の写本の挿絵にも参加しており、また、おそらく、現在タシケントに保存されている王書の挿絵と、1628年制作のタメルランについて謳った詩の挿絵の一部も、担当していると考えられている。
若い男性が手にしている本は、細長い形で、着物の袖に入る手帳のような型である。彼の着物には、様々な姿形の人物、動物が表わされている。その中には、抱き合った男女の人物像が幾つかある。これは、元来、見開きのもう片方の頁に表わされていた、王冠型髪飾りを付けた若い女性に対する想いを象徴している。これらの抱き合った人物像は、陶酔の犠牲者として表わされているのか、もしくは、夢にみた光景を表わしたものである。この館のテラスの壁は、賑やかに装飾され、動物の戦い(鹿、竜、麒麟等)が、飾りのないタイルの床と対照的である。この若い男性の上衣の模様と、とても面白い相似点を呈する別の作品の若い男性の着物の模様を比較すると、その比較作品の着物には、鎖で繋がれた捕囚の姿が、この作品と同じ様に表わされている。この比較作品は、現在、フリーヤー・ギャラリー・オブ・アート美術館に収蔵されているもので、ムハンマド・ハラヴィの銘があり、16世紀の中頃のサファヴィー朝のイランで制作されている。この作品によって、この種の表現が、すでにあった伝統に基づいたものであったことがわかる。

魅せられた世界

縁取りは春の場面を想起させる。この頁と同様に、ワシントンにある頁も、奇抜な表現で、人々が川の畔で憩う姿が表わされている。人々の服装は、17世紀初頭のトランスオクシアナのものである。頁の中央の場面と同様に、色数も多く、彩色されている。音楽家が演奏していて、その他の男達は、飲み食いしている。上部左側には、鳳凰が表わされていて、その下に、頭に葉っぱを被った人物像がいる。この人物像は、小瓶を手にしたイランの妖精で、人々を魅惑する「ペリ」のひとりである。この見開き二頁を協力して描いたふたりの画家は、共に、不思議な陶酔の世界を十分に想起させる 。

出典

- Arabesques et Jardins de paradis, Collections françaises d'art islamique, Paris, Éditions de la Réunion des musées nationaux, 1989, n° 171, p. 223.

- L'Étrange et le Merveilleux en terres d'Islam, Paris, Éditions de la Réunion des musées nationaux, 2001, n° 1 p. 20.

- LOWRY G.D. et BEACH M.C., An Annotated and Illustrated Checklist of the Vever Collection, Washington, 1988, n° 362 pp. 310-311.

- PORTER Y., "le kitâb-khâna de 'Abd al-'Aziz Khân (1645-1680) et le mécénat de la peinture à Boukhara", in Cahiers d'Asie centrale, t. VII, 1999, pp. 118-120.

- ATIL Esin, The Brush of the Masters : Drawings from Iran and India, Washington, Freer Gallery of Art,1978, n° 15.A p. 47.

作品データ

  • ムハンマド・シャリフ・ムサヴィール、ムハンマド・ムラード・サマルカンディ(縁取り)

    読書する人

    1600–1630年

    ウズベキスタン、ブハラ

  • 紙、グワッシュ、金彩

    縦19.2cm、横11.4cm (縁取りは除外)、頁:縦37cm、横24.4cm

  • 1916年、ジョルジュ・マルトー遺贈、旧ジョルジュ・ドゥモット・コレクション

    写本巻頭の見開き二頁の左側の頁

    OA 7109

  • イスラム美術

来館情報

ルーヴル美術館 パリ フランス
地下鉄:1番線または7番線、Palais-Royal Musée du Louvre 駅
 
開館時間
月・木・土・日:9時-18時
水・金:9時-21時45分(夜間開館)

休館日:毎週火曜日、1月1日、5月1日、12月25日
 
 

チケットを購入する