Go to content Go to navigation Go to search Change language

ホーム>作品と宮殿>コレクションと学芸部門>2枚扉の書棚の下段

2枚扉の書棚の下段

© 1988 RMN / Daniel Arnaudet

工芸品
19世紀

執筆:
Catherine Voiriot

ルイ=フィリップ1世は1830年の七月革命の後、国王に推された。1831年10月、オルレアン一家はチュイルリー宮に落ち着いた。オルレアン公爵は当時流行していた様式を好み、1832年には自分の住居用に近代的な家具一式を注文する。その中に執務室用の書棚の下段も含まれる。この書棚の一部分がここに展示されている。古典的なパルメットと唐草模様の装飾が、濃色の木材を地に淡色の木材を用いて寄せ木細工で施されていることに注目したい。

チュイルリー宮のオルレアン公爵の住居

オルレアン公爵(1810‐1843年)は、当時用いられていた由緒を感じさせる内装より、自分用には近代的な家具を好み、そのような芸術の庇護者の役割を果たした。オルレアン公の住居はチュイルリー宮マルサン棟の1階にあった。ここに1832年および1837年の結婚を機に、2度に渡って家具を調えている。謁見用のいくつかの広間にのみ歴史的な家具が備えられた。

ジョルジュ=アルフォンス・ジャコブ=デマルテル(1799‐1870年)

1832年、高級家具職人ジョルジュ=アルフォンス・ジャコブ=デマルテルに大きな注文が出された。この人物はフランソワ=オノレ=ジョルジュ・ジャコブ=デマルテル(1770‐1841年)の息子にして、ジョルジュ・ジャコブ(1739‐1814年)の孫である。彼は第三広間のために、 カイエンヌ産マホガニーで象嵌した 楓材で作られた部屋の隅用の長椅子1点、窓辺用の長椅子2点、肘掛け椅子と椅子数脚に加えて、揃いのコンソール・テーブルと棚付きコンソール・テーブルを納入した。寝室用にはマホガニーに金箔を張った、雁首状で銅のバラ模様がぐるりと入った椅子を、執務室用には柊(淡色の木材)で象嵌された紫檀の家具を納めた。この家具は大型書棚の下段と揃いになっている。これらの家具には、2種類の寄木細工が同時に見られる。ひとつは明るい地に濃色の木材で象嵌する伝統的な寄木細工、もうひとつは濃い地の上に淡色で象嵌する新しい技法である。後者は1830年以降に主流となる。

コの字型の書棚

もとはジャコブ=デマルテル作の書棚の下段が、部屋の三方に備えつけられていた。3枚扉のものが1点と2枚扉のものが2点で構成されていた。この一揃いには、何度か変更が加えられる。ルーヴル美術館は現在、4枚扉のもの2点、3枚扉のもの1点、2枚扉のもの2点を所蔵している。
この家具の形はまだきわめて古典的であり、書棚の下段は基壇とコーニスのみで縁取られている。これは帝政期の伝統のなかに位置付けられる。

出典

- ALCOUFFE D., DION-TENENBAUM A., LEFEBURE A., Le Mobilier du musée du Louvre, t. 1, 1993, Faton, Paris, p. 324

- DION-TENENBAUM A., Un âge d'or des arts décoratifs 1814-1848, Catalogue d'exposition., Paris, 1991, p. 243, n 115

- DION-TENENBAUM A., Les Objets d'Art, le XIXe siècle. Guide du visiteur, 1999, Éditions de la Réunion des musées nationaux, pp. 37-38

- DION-TENENBAUM A., Le Sanctuaire du pavillon de Marsan, in ROBERT Hervé, Le Mécénat du duc d'Orléans, catalogue exposition , Paris, Action artistique Ville de Paris, 1993, pp. 78-87, fig. 80

作品データ

  • ジョルジュ=アルフォンス・ジャコブ=デマルテル

    2枚扉の書棚の下段

    1832年

    チュイルリー宮、オルレアン公爵の執務室

    パリ

  • 紫檀と柊の化粧板、白大理石

    高さ1.10m、幅1.80m、奥行き0.47m

  • 旧収集品

    OA 10885, OA 10886, OA 10887, OA 10888, OA 11062

  • 工芸品

    リシュリュー翼
    2階
    オルレアン公 テュイルリー宮のオルレアン公執務室の調度
    展示室78

来館情報

ルーヴル美術館 パリ フランス
地下鉄:1番線または7番線、Palais-Royal Musée du Louvre 駅
 
開館時間
月・木・土・日:9時-18時
水・金:9時-21時45分(夜間開館)

休館日:毎週火曜日、1月1日、5月1日、12月25日
 
 

チケットを購入する