Go to content Go to navigation Go to search Change language

ホーム>見学と文化活動>見学コース>ギャロップで行こう

見学コース ギャロップで行こう

テーマ別見学コース - 所要時間:1h30 - 見学日: 月 水 土 日

家族 子ども 学校団体 一般団体

テオドール・ジェリコー、1791(ルーアン)-1824年(パリ)《競馬》通称「1821年のエプソムのダービー」
テオドール・ジェリコー、1791(ルーアン)-1824年(パリ)《競馬》通称「1821年のエプソムのダービー」

© Musée du Louvre / A. Dequier - M. Bard

00イントロダクション

人間は馬に「はみ」を噛ませ、足に「蹄鉄」をつけました。馬は、人間が飼い慣らしてきた大型哺乳動物のリストの中でも、一番最後にくる動物です。人間は馬の絵を描いたり像を作ったりして、自分の手柄と馬とをしょっちゅう結びつけてきました。絵画や工芸品、彫刻を見ると、人間が乗用馬と育んできた密接な関係がよくわかります。

次の作品までのルート :

ピラミッドからシュリー(Sully)翼の方へ向かってください。チケットコントロールの後、左に曲がってエレベーターGで1階(rez-de-chaussée)に上がります。エレベーターを下りたら左に折れ、展示室Dまで通り抜けたら右に曲がります。展示室11に入って、奥のガラスケースに進み、34番の作品を見ましょう。

Mors à barre transversale rigide et à plaques figurant un cavalier monté en amazone sur un cheval
Mors à barre transversale rigide et à plaques figurant un cavalier monté en amazone sur un cheval

© 2007 Photo RMN / Franck Raux

01馬の「はみ」

このブロンズの作品は、どうやって馬の頭部につけるのでしょうか? 馬の口に「はみ」の棒を滑り込ませ、プレートの飾りがついていない面を馬の頬に合わせるのです。手綱を通す穴に注目しましょう。「はみ」は馬を思い通りに動かすために使うものですが、高級な飾りでもあります。今から5000年前、古代のイランでは、馬は人間と対等だと見なされ、馬専用の墓が作られることまでありました。「はみ」は人間が馬を支配したという印です。これからこのコースを回る中でたくさんの馬を見ますが、その馬の「はみ」に注意していきましょう。

次の作品までのルート :

展示室10と9に続いて1aまで通り抜けます。この展示室を出たら、エスカレーターで1階まで上がってください。中世の工芸部門に入り、展示室1で足を止めましょう。

ディプティカの翼:勝利の皇帝
ディプティカの翼:勝利の皇帝

© 1986 RMN / Pierre et Maurice Chuzeville

02《勝利の皇帝》

この馬の脚と頭は、浮彫の面から浮き出しています。象牙板から逃れたいみたいに空を跳ね回っていますね。見ると、馬とその上に乗っている人は似ています。どちらもこっちを向いて、同じ方向を見ています。目も同じですね。馬の額を飾っている真珠、すてきでしょう? 馬も、馬に乗っている人と同じくらい派手に飾られています。馬に乗っている人は、下の部分に彫ってある征服された人たちを圧倒しています。振り返って、馬に乗った皇帝シャルルマーニュを忘れずに見て行きましょう。

次の作品までのルート :

展示室を出て、左手のエレベーターPで“Entresol ”〔半地階〕まで下ります。エレベーターを下りたら「マルリーの中庭」に向かいましょう。

《馬丁に制される馬,通称マルリーの馬》
《馬丁に制される馬,通称マルリーの馬》

© 1997 Musée du Louvre / Pierre Philibert

03《馬丁に押さえられる馬》 1739-1745年

裸の男は、本人が捕まえている馬と同じくらい野性的に見えます。力が入って盛り上がった筋肉に注目しましょう。馬も人も、本物をお手本にして彫刻されました。このいきり立った馬は、どんな風に自然の中へ駆け出していったのでしょうか? 馬の体の下に置いてある岩は、この彫刻の支えにもなっています。この馬には「はみ」がついていないでしょう? この馬は調教されている最中なのです。この作品は、自然の荒々しさを支配する人間の力強さを表しています。

次の作品までのルート :

ピラミッドの下に戻って、“Sully”〔シュリー〕の方へ向かってください。入場券のチェックの後、左へ曲がって、エレベーターGで2階に上がりましょう。エレベーターを下りたら右に折れます。まっすぐに進んで展示室61へ入りましょう。

Course de chevaux, dit traditionnellementLe derby de 1821 à Epsom
Course de chevaux, dit traditionnellementLe derby de 1821 à Epsom

© Musée du Louvre/A. Dequier - M. Bard

04《エプソムのダービー》 1821年

何頭の馬が見えますか? 馬は頭からお尻までそっくり同じで、違いは毛色(栗毛、茶鹿毛、灰色、鹿毛)だけです。馬たちは「ギャロップ」という駆足をしています。伸びた脚は地面についていません。空と地面の間に浮かんでいるみたいですね。騎手「ジョッキー」は、自分が乗っている馬「サラブレッド」と一体になっています。「サラブレッド」という種は、イギリスの雌馬とアラブの雄馬を掛け合わせたもので、この馬を生み出した貴族の家系のように高貴なイメージがあります。
展示室をぐるりと回って、テオドール・ジェリコーという画家が描いた沢山の馬を見てみましょう。

次の作品までのルート :

来た道を戻ってエレベーターCまで行き、1階に下ります。左に向かって展示室74を通り抜けましょう。彫刻「サモトラケのニケ」の前を通り過ぎ、左手の展示室1、2を通過して展示室3に入ってください。

《サン・ロマーノの戦い》
《サン・ロマーノの戦い》

© 1997 RMN / Jean-Gilles Berizzi

05《サン・ロマーノの戦い》 1440年頃

この戦いを指揮しているのは誰でしょうか? 右から左に向かってどんな動きが描かれているか、じっくり見ましょう。まず、馬がじっとしています。それから襲撃に向かいました。沢山の槍が扇のように下ろされています。絵の下の方では、馬の脚と人間の脚がごちゃごちゃになっています。馬も歩兵も、戦いに参加しているのです。
金の円盤や銀の武器を離れたところから見てください。今では傷んでしまいましたが、でもきれいでしょう?
板に描かれたこの絵は、フィレンツエにあるメディチ家の邸宅を飾っていました。メディチ家はこの戦いで勝利を収めた一家です。

次の作品までのルート :

「グランド・ギャラリー」に入ってすぐ右に折れ、展示室4を通り抜けてください。階段の踊り場に来たら左に曲がり、展示室75、76を通り抜けましょう。展示室77に入ったら、右を見てください。

《近衛騎兵隊の士官》
《近衛騎兵隊の士官》

© 1995 RMN / Hervé Lewandowski

06《突撃するナポレオン近衛隊猟騎兵将校》

「突撃ー!」馬に乗った人物は振り返って、兵士達に突撃するよう指示しています。絵の主人公である馬が、対角線に沿って、大きく描かれているのをご覧ください。後ろ肢(あし)で立つという危なっかしい姿勢と、何よりもおびえた顔の表情から、馬は、遠方に描かれている戦いを恐れていることが読み取れます。人物は無表情である代わりに、馬が感情を表しているのです。馬と人物との間には類似点があることにも注意しましょう。馬の肢と人の腕はぴんと伸び、馬の胸と人の膝は同じ曲線を描いています。
展示室77を通り抜け、「出口」の表示をたどって下さい。
ピラミッドを出て、灰色の大きな騎馬像の足元に立ってみましょう。

Louis XIV (statue de la place Richelieu)
Louis XIV (statue de la place Richelieu)

© RMN-Grand Palais (musée du Louvre)

07《ルイ14世》(リシュリュー広場の彫像)

《ルイ14世》(1665−1685年)ベルニーニ

ルイ14世の衣装を見てみましょう。その鎧(よろい)、サンダル、マントは、かつての歴代ローマ皇帝たちの衣装そっくりです。それもそのはず、ルイ14世はローマ皇帝の姿を真似ようと考えたのです。落ち着き払った王の表情は、いきり立つ馬とは対照的です。国王は、あたかも民衆を支配するのと同様、馬をも支配するのです。次にカルーゼル凱旋門の方を見てみましょう。ピラミッドを設計した建築家ミン・ペイは、ルーヴル美術館からラ・デファンスの新凱旋門へとまっすぐ伸びる軸上に、この鉛でできた複製を配置させました。ベルニーニによる大理石製の本物は、ヴェルサイユ宮殿のオランジュリー庭園に置かれています。
このコースはここで終わりです。