Go to content Go to navigation Go to search Change language

ホーム>来館のご案内>ルーヴル美術館見学の手引き

ルーヴル見学の手引き

皆さまがこれから見学するのは、毎年1,000万人が訪れる世界最大の美術館です。当館の主な使命は、文化的遺産の保管と、それについての教育、そして、その遺産を将来の世代に伝えることです。

収蔵作品や、他の来館者の方々にじゅうぶん配慮しつつ、皆さまに有意義な見学をして頂けるよう、ここでは、ルーヴル美術館とはどのようなところか、また、皆さまに、どうやって当館の収蔵作品の保全にご協力いただけるのかを、ご説明いたします。

では、見学をお楽しみ下さい。

皆さまは館内で、見学中に守って頂きたい6つの原則を示した「絵文字」をご覧になるでしょう。これらの原則を守って頂くことで、展示作品とその価値を守り、すべての来館者の方が快適に見学することが可能となります。

常設展示室では、写真やビデオ撮影が認められていますが、フラッシュや他の照明機器の使用は禁じられています。
企画展示室では、写真やビデオ撮影は禁じられています。

また、次のことは禁止されています。
・ 携帯電話の使用
・ 喫煙
・ 飲み物を飲むこと
・ 食べること
・ 大声で話すこと
・ 作品に手を触れること
・ 展示室内で走ること

ルーヴル美術館入館規則第37条の規定 : 「ルーヴル美術館の公的施設内では、見学者は、館内スタッフや警備員が入館規則により行う指示に従わなければならない。」

Louvre mode d'emploi - Respecter les collections - image1

Louvre mode d'emploi - Respecter les collections - image1

© Musée du Louvre

Louvre mode d'emploi - Respecter les collections - image2

Louvre mode d'emploi - Respecter les collections - image2

© Musée du Louvre

来館情報

ルーヴル美術館、チュイルリー庭園、クール・カレは、新たな通達があるまで休館・休園いたします。
美術館のチケットをオンラインでご購入された方々には、自動で返金処理が行われます。返金に当たり、特にお手続きをしていただく必要はございません。
なお、返金処理数が膨大なため、ご返金まで三か月ほどかかる場合があります。
ご理解のほどよろしくお願いいたします。

チケットを購入する

トリップアドバイザーでルーヴルに
関する口コミ