Go to content Go to navigation Go to search Change language

ホーム>ルーヴル美術館をご支援ください>企業と財団の皆様

企業と財団の皆様

ルーヴルは10年以上も前から、毎年、美術館の発展にご貢献いただいている多くの企業や財団など民間パートナーの皆様と強い繋がりを育んでいます。

ルーヴル美術館の寄付基金は、メセナの皆様にご寄付の長期的なインパクトを保証する、従来のメセナの形態を補足する性格を持つ寄付の形です。この

ルーヴルの未来の担い手になりましょう

この寄付形態は皆様の寄付を積立て、ルーヴルの活動を継続的に支援するために年間収益だけを使います。民法上の組織体である寄付基金は、美術館によって決められた方針を遂行するために、運営において独立性をもっています。
ルーヴルは2009年に、フランスの美術館では初めてとなる、アングロサクソン式の「寄付(エンダウメント)基金」形態の財源調達手法を創設しました。この革新的で永続的な寄付方法を活用して、ルーヴルにご協力ください。

皆様の企業の社会責任、連帯責任を、長期的なインパクトが望める効果的なメセナ活動を通じて、お伝えください。
顧客やお取引先、社員の方々を積極的に美術館の日々の活動に招き、明日のルーヴルを作り上げる活動に積極的にご参加ください。

共同基金を支援する

寄付金額50 000ユーロから、共同基金にご参加いただけます。収益はルーヴル美術館の重要な使命のどれか一つの実現資金に充てられます。ほかのメセナ企業の皆様と力を合わせ、ご自身の寄付の効果を高めていただけます。次の三基金をご提案しております。

- 開放 と伝達
ルーヴルをすべての人々に開かれた伝達と教育の場にすることを目的とします。
- コレクションの普及
ルーヴルが保管している普遍的なコレクションの保全、活用、充実、研究を目的とします。
- 文化遺産の活用
ルーヴル美術館とチュイルリー公園の傑出した建築・景観遺産の活用を目的とします。

冠基金を設立する

寄付金額200 000 ユーロから、ご自身の企業名を冠した基金を設立できます。収益の使途は、皆様の企業戦略に応じて、ルーヴルの公益的な三つの重要使命の中からお選びいただけます。
一定の寄付金額から、ご自身の基金の収益を特定の活動プログラムに充てられます。私どもの組織の中に、皆様自身の寄付基金を設立するお手伝いをさせていただきます。皆様のご要望に合った、すぐにでもご利用できる方法をご提案いたします。
ルーヴル美術館の寄付基金内で、現在、7社の高額寄付企業が冠基金を設立しました。

数々の特典をご利用ください

寄付基金のメセナ企業の皆様には、ルーヴル美術館に直接寄付をした場合と同じ特典をご利用いただけます。
その他にも、特権的な特典もご利用いただけます。
企業名の永続的な記載 : 長期にわたってお名前を残す機会が贈られます。寄付基金の主要メセナ企業の基金名を、マルスのロトンダ(Rotonde de Mars)に記載されたルーヴルの寄付基金の重要メセナのご芳名の横に刻むことができます。
特別な交流の時間 : 美術館チームとの交流や、ビジネスパートナー向けの見学会などをご用意できます。

永続的な関係 : 活動と財務報告書や、招待状や、特別鑑賞ガイドツアーの機会が贈られます。
皆様の企業戦略課題にお応えするために、お問い合わせをお待ちしております。

ルーヴル企業サークル
Anne-Sophie Autran
anne-sophie.autran@louvre.fr
+33(0)1 40 20 84 41

来館情報

ルーヴル美術館、チュイルリー庭園、クール・カレは、新たな通達があるまで休館・休園いたします。
美術館のチケットをオンラインでご購入された方々には、自動で返金処理が行われます。返金に当たり、特にお手続きをしていただく必要はございません。
なお、返金処理数が膨大なため、ご返金まで三か月ほどかかる場合があります。
ご理解のほどよろしくお願いいたします。

チケットを購入する