Go to content Go to navigation Go to search Change language

ホーム>ルーヴル美術館をご支援ください>個人の皆様

個人の皆様

個人の皆様には、共同もしくは個々で寄付を行えるよう多様な方法をご提案しております。個人メセナとしてルーヴルの発展にご協力いただきながら、美術館と特別な繋がりを育んでいただけます。

「私は、自分の将来計画のために、ルーヴル美術館の寄付基金へ申し込みをしたことに満足しております(…)私の遺産が、信頼があり安心のおける組織であるルーヴルのために、有益な用途に充てられることを望んでいます」ソランジュ・B、

Atelier Petit voyage dans les objets d'art du Moyen-Âge

Atelier Petit voyage dans les objets d'art du Moyen-Âge

© 2014 Musée du Louvre / Florence Brochoire

ルーヴルへの愛情を恒久的に残すことを望み、皆様の寛大なご支援を美術館の未来に刻みませんか?ルーヴルでは、皆様のご支援が後世に渡って行われるためにルーヴル美術館寄付基金をご用意しております。
-
ルーヴルは、寄付基金という手段を用いて、皆様の遺贈と贈与を世代を超えて継承することを可能にしました。寄付基金へのご寄付は、あらゆる相続税・譲渡所得税が免除されます。皆様の遺贈は守られ、普遍的な文化遺産の活用、未来の世代に継承という、ルーヴルの重要な使命を長期的に遂行する助けとなります。

遺贈

大切な信頼の行為

遺贈を行うためには、遺言状を作成しルーヴル美術館の寄付基金を受遺者としてご指定ください。遺言状はご自身で作成していただくか、公証人に書き取らせることができます。ご自身で遺言状を作成された場合、遺言状がしっかりと尊重されるよう、公証人に提出することをお勧めいたします。金額の多少に関わらず、皆様からのご遺贈は、私どもにとって非常に貴重なものです。ルーヴルの重要な使命を遂行する資金の一助となります。寄付は、通貨、有価証券、不動産財産の形態で行っていただけます。
美術作品の遺贈に関してはすべて、事前にお問い合わせ  ください。この種の遺贈は、ルーヴル美術館が直接受領することができます。

生命保険

ルーヴルを支援する身近で簡単な方法

生命保険の契約の際、保険金の一部または全額の受取人として、ルーヴル美術館の寄付基金をご指定いただけます。公的な税徴収や相続税は一切ありません。皆様の生命保険金の全額がルーヴルの支援に充てられます。

贈与

今日すぐにでもできる、ルーヴルの未来のための大きな行為

贈与は、該当財産の全所有権を対象とし、即行かつ最終的な効力を発します。贈与の手続きには公証人の仲介を必要とします。贈与の形態には、通貨、有価証券、不動産財産があり、贈与者は用益権を保持することができます。

美術館の日々の活動に積極的にご参加ください

私どもは、皆様がご指定した公証人と一緒に、遺贈や贈与の計画に終始ご協力いたします。最良の方法を一緒に見つけるために、まずはお問い合わせいただくことをお勧めします。そうすれば私どもは直ちに感謝の意を表す機会に恵まれ、皆様にも直ぐに美術館のプロジェクトに関わっていただくことができます。
- ジャック・ジョジャールサークルにご参加ください。遺贈や生命保険の受取人としてルーヴル寄付基金を指定している、または贈与を行った美術・歴史の愛好家の集まりです。
- 美術館チームと特権的な関係を結べます。
- 皆様のご希望に沿って、ルーヴルは永続的な方法で、美術館内もしくは寄付基金のメセナ芳名録にお名前を残し感謝の意を示します。

個別のご相談や、詳しい資料をご希望の方は、以下の担当者にお問い合わせください。お問い合わせによる一切の義務は生じません。お預かりする情報の機密性は遵守されます。

お問い合わせ先
Axelle Chabert
電話 : +33(0)1 40 20 84 41
メールアドレス


来館情報

個人メセナに関するすべてのご質問は以下のお問い合わせ先にお願いいたします。

Krystyna Pieter
電話 : + 33 (0)1 40 20 57 92
メールアドレス : mecenat@louvre.fr