Go to content Go to navigation Go to search Change language

ホーム>来館のご案内>見学の準備

見学の準備

ルーヴル美術館では、皆さまに快適に見学して頂けるよう、質の高いご案内やサービスをご用意しています。

ピラミッド下の中央案内所では、案内係が皆さまのご質問等にお答えするとともに、美術館の見どころやサービス、その仕組みなどについてご説明しています。

ルーヴル美術館は、3つの翼(よく)、複数の階、たくさんの展示室をもつ大宮殿です。ご自分の現在地が、いつも簡単にわかるとは限りません。そこで、皆さまがより館内を移動しやすくするため、また、展示作品をよりよい条件でご覧頂くために、さまざまなシステムが作られました。

展示作品のうち、8つの部門はすべてにより識別可能です。例えば、古代エジプト美術部門は緑色、絵画部門は赤色、古代ギリシア・エトルリア・ローマ美術部門は青色、という具合です。

部門のすべての展示室には番号(1, 2, ・・・)が付いています。

これらの色と番号は、お配りする館内見取り図や、展示室に設置された各案内板、そして館内のあちこちにあるパネル上で、使われています。

企画展を見学したいときは、各所に設置された指示板をたどって行きましょう。すべての指示板には、企画展のタイトルと矢印が描かれているので、進むべき方向がわかります。

トイレ、カフェ・レストラン、手荷物一時預かり所などの館内サービスや、エレベーター・階段の表示については、「絵文字」の標識で簡単にわかるようになっています。これらすべての情報は、館内見取り図にも掲載されています。

また、当美術館内についての案内やその他のご質問については、館内各所にいるスタッフ警備員に、どうぞお気軽におたずね下さい。

では、ごゆっくりと見学を。

来館情報

ルーヴル美術館、チュイルリー庭園、クール・カレは、新たな通達があるまで休館・休園いたします。
美術館のチケットをオンラインでご購入された方々には、自動で返金処理が行われます。返金に当たり、特にお手続きをしていただく必要はございません。
なお、返金処理数が膨大なため、ご返金まで三か月ほどかかる場合があります。
ご理解のほどよろしくお願いいたします。

チケットを購入する