Go to content Go to navigation Go to search Change language

ホーム>来館のご案内>開館時間、観覧料、アクセス

開館時間、観覧料、アクセス

ルーヴル美術館の公式ウェブサイトへようこそ。

かつて王宮であったルーヴルには、8世紀にわたるフランスの歴史が刻まれています。世界的規模の美術館として1793年に創設されて以来、その世界第一級のコレクションは、ヨーロッパからアメリカ大陸、そしてアジアとの境界地帯に及ぶ広大な地域をカバーし、時間軸は数千年にも広がります。全8部門からなるコレクションには、《モナ・リザ》、《サモトラケのニケ》、《ミロのヴィーナス》といった、世界中から賞賛を受け続ける傑作も含まれています。ルーヴル美術館は今日、世界で最も多くの観覧者が訪れる美術館です。

ルーヴル美術館の開館時間

月:9時−18時
火:休館日
水:9時−21時45分
木:9時−18時
金:9時−21時45分
土:9時−18時(2019年1月より、第一土曜日は21時45分まで夜間開館)
日:9時−18時

17時30分(夜間開館日には21時30分)より各展示室の閉室を開始します。

2019年1月より、毎月第一土曜日の18時から21時45分の閉館まで、どなた様もルーヴル美術館を無料でご観覧いただけます。


ご来館の前に

ゆっくりと観覧できる時間帯はいつですか。
開館直後の午前中および夜間開館時間帯です。

待ち時間30分以内で入場するにはどうすればいいですか。
チケットをオンラインで事前購入してください。
チケットを購入する(フランス語、英語、スペイン語のみ)

Affluences(混雑状況)」アプリ(フランス語、英語、スペイン語のみ)をダウンロードすると、美術館の混み具合をご確認いただけます。


 

チュイルリー庭園の開園時間

- 2017年9月24日(日)から2018年3月31日(土)まで:毎日7時30分−19時30分

- 2018年4月1日(日)から2018年5月31日(木)まで:毎日7時−21時

- 2018年6月1日(金)から2018年8月31日(金)まで:毎日7時−23時

- 2018年9月1日(土)から9月22日(土)まで:毎日7時−21時

ウジェーヌ・ドラクロワ美術館の開館時間

月:9時30分−17時30分
火:休館日
水:9時30分−17時30分
木:9時30分−17時30分(毎月第一木曜日は21時まで)
金:9時30分−17時30分
土:9時30分−17時30分
日:9時30分−17時30分

チケット売場窓口は17時に受付を終了いたします。

ウジェーヌ・ドラクロワ美術館の公式ウェブサイト

展示室の開閉状況

ルーヴル美術館は、所蔵作品数の多さや一部展示スペースの改修、入れ替えなどの理由から、全ての展示室を常時開けておくことができません。

「展示室の開室スケジュール」で、曜日や時間帯によって開室、閉室している展示室を事前にご確認ください。

展示室の年間開室スケジュール (フランス語、英語、スペイン語、中国語のみ)


2019年の祝祭日

9時から18時*まで開館

2019年、ルーヴル美術館は以下の祝祭日に開館いたします。
- 4月21日(日)復活祭
- 4月22日(月)復活祭翌日の月曜日
- 5月8日(水)
- 5月30日(木)昇天祭
- 6月9日(日)聖霊降臨祭
- 6月10日(月)聖霊降臨祭の翌日の月曜日
- 7月14日(日)革命記念日
- 8月15日(木)聖母被昇天祭
- 11月1日(金)万聖節
- 11月11日(月)第一次世界大戦休戦記念日

* 17時30分より各展示室の閉室を開始します。

休館日

- 1月1日(火)元日
- 5月1日(水)メーデー
- 12月25日(火)クリスマス

来館情報

ルーヴル美術館 パリ フランス
地下鉄:1番線または7番線、Palais-Royal Musée du Louvre 駅

開館時間
月・木・土・日:9時-18時
水・金:9時-21時45分(夜間開館)

休館日:毎週火曜日、1月1日、5月1日、12月25日

Information in other languages

チケットを購入する

皆様の安全のために


来館者の安全確保のため、ルーヴル美術館は政府により公的機関に定められた予防措置を実施しています。

来館者は全員、保安検査を受けていただく必要があります。皆様のご理解とご協力をお願いいたします。
スーツケースや大きなお手荷物は持ち込むことができません。
不測の事態が生じた場合には、直ちに危険区域から退避し、監視員に通報のうえ、その指示に従ってください。皆様には、安全区域へ避難していただきますが、警察が到着するまで、館内に留まっていただく可能性もございます。


Un musée ouvert à tous

アクセシビリティ