Go to content Go to navigation Go to search Change language

ホーム>企画展とイベント>企画展>クロード・ジュレ、通称ル・ロラン 自然を愛した画家

企画展 クロード・ジュレ、通称ル・ロラン 自然を愛した画家

2011年4月21日から2011年7月18日まで

宗教的な、あるいは神話的な性質をもつ風景のスケッチ、下絵、絵画。風景画の巨匠のひとりとして知られるこの画家、素描家、版画家の作品を紹介します。

ロランの詩的で「クラシック」な風景は、ヨーロッパだけでなく、アメリカでも数々の模倣者の規範となりました。

オランダ、ハーレムのテイラー美術館との共催。

コミッショナー: Carel Van Tuyll(ルーヴル美術館 素描・版画部門)

来館情報

ルーヴル美術館、チュイルリー庭園、クール・カレは、新たな通達があるまで休館・休園いたします。
美術館のチケットをオンラインでご購入された方々には、自動で返金処理が行われます。返金に当たり、特にお手続きをしていただく必要はございません。
なお、返金処理数が膨大なため、ご返金まで三か月ほどかかる場合があります。
ご理解のほどよろしくお願いいたします。

チケットを購入する