Go to content Go to navigation Go to search Change language

ホーム>企画展とイベント>企画展>ティツィアーノ、ティントレット、ヴェロネーゼ・・・1540-1600年

企画展 ティツィアーノ、ティントレット、ヴェロネーゼ・・・1540-1600年 ヴェネツィアの巨匠たち

2009年9月17日から2010年1月4日まで

16世紀後半におけるヴェネツィア絵画について考察します。この展覧会では、ヴェロネーゼがヴェネツィアで活動を始めた頃の絵画の状況を想起することから始まり、1540年以降のヴェネツィア絵画の変遷を、時代やテーマに沿ってご紹介します。

老年に入ってからその様式の刷新を試みつづけた創意の天才ティツィアーノ。超人的なエネルギーで芸術を成熟させたダイナミックな天才ティントレット。アポロン的な色使いと平穏で20世紀までのすべての芸術家たちを魅了した天才ヴェロネーゼ。「黄金の世紀」を生きたヴェネツィアの人々に特に好まれていたテーマを通して、16世紀末までのヴェネツィアの三巨匠の創作を対峙させます。

主催:ルーヴル美術館 、ボストン美術館

この展覧会は、Eniのメセナにより実現しました。また、大日本印刷株式会社のご支援と技術協力をいただいています。

メディアパートナー:France 2、 France Inter、 Le Parisien、Paris Match

協力:イタリア政府観光局、Thalys、Air France

マルチメディアで見る《うさぎの聖母》

コミッショナー: Jean Habert、Vincent Delieuvin、Arturo Galansino(ルーヴル美術館絵画部門)

来館情報

場所

ナポレオン・ホール

時間

火曜休館日を除く毎日9時から18時
水・金は22時まで

料金

特別展チケット:11ユーロ
共通チケット(常設展と特別展):14ユーロ(水・金の18時以降は12ユーロ)

解説員付きの見学

9月28日から フランス語
水:19時、木:11時30分、金・土:14時30分
問合せ:01 40 20 52 63