Go to content Go to navigation Go to search Change language

ホーム>作品と宮殿>コレクションと学芸部門>《東方三博士の礼拝》

Adoration des Mages

Musée du Louvre, dist. RMN-Grand Palais - Photo L. Chastel

素描・版画
14-15世紀

執筆:
Forcione Varena, Grollemund Hélène.

この素描は、1481年3月にスコペートのサン・ドナート修道院のため注文された絵画《東方三博士の礼拝》のための全体図案である。レオナルド・ダ・ヴィンチがミラノへ発つ際に未完成のままであった絵画の方は、現在ウフィツィ美術館(フィレンツェ)に所蔵されている。この類まれな素描は、15世紀のフィレンツェ絵画でしばしば取り上げられたテーマをきわめて個性的に扱ったものであり、リズム、動き、そしてとりわけ魂の感動に関するレオナルドの来るべき観察研究の基盤をなすものである。

絶え間なく続けられた制作

《東方三博士の礼拝》の制作準備は、1481年3月から9月まで7ヶ月の間続けられたが、絵は未完のままにとどまっている。紙の上に走り描きされたアイデアと、それが絵において筆先で試し描きされたものとの間には、断絶が存在しない。あたかも、素描に用いられた方法と絵画に用いられた方法とが、これほど密接に関連し合っている例はなかったかのようである。《東方三博士の礼拝》の全体図案であるルーヴルの素描は、二つの異なる部分から成っており、未だ相互に真には結び付いていない。これら二つの部分は、レオナルドがその言わば初期段階において行っていた制作をよく反映している。すなわちこの段階ではまだ、レオナルドは背景の開けた空間、つまり、聖母と礼拝者たちの一群を際立たせる、廃墟とそこで駆け回る騎馬集団が占める空間のアイデアを、絵のために取り入れていなかったのである。この場面の劇的な性格は、その制作の最終段階に至ってはっきりと現われてくるが、画家の意図の肝心な部分がすでに、登場人物の姿勢と身振りの中に見て取れることは明らかであり、その多様さが絵の語りを優れたものにしている。

魂の感動を求めて

《三博士の礼拝》の絵画表現において、レオナルド・ダ・ヴィンチが語ろうとしたのは、東方三博士の巡礼という神話的物語のエピソードの一つではなく、幼子イエスの誕生がもたらす感動である。レオナルド・ダ・ヴィンチはこの絵において、従来の作品へのあらゆる依拠を排しているように見える。それは、絵画面が透明で、人間と廃墟がほとんど何の脈絡もなく寄せ集められているなかで、リズム、動き、そしてとりわけ魂の感動についての来るべき観察研究の基礎を追求するためなのだ。中心点の周りでひしめき合う人物像の動きは、十五年後の《最後の晩餐》の使徒たちの間で波のように広がる動揺に見て取れるような、「身振りの増幅」の効果を予示しているかのようだ。曲げられた手や交錯する視線の動きがすでにここに読み取れるが、それらは、前景全体を縁どっている暗い背景に浮かび上がる、待ちかねて差し出された手や、突き出された顔と同様、不安気な熱情を表わすものである。

新たな素描のための基礎

ルーヴルの素描が反映しているのが、一連の制作のかなり早い段階であるとしても、それはウフィツィ美術館(フィレンツェ)に所蔵されている、遠近法表現において比較にならないほど厳密な、背景のためのデッサンを先取りしたものと考えられるであろう。同時にこの素描は、人物像を別々に取り上げて描いた、一連の新たなデッサンの基礎をなしているものである。これらのデッサンは、以下の各地の美術館に所蔵されている。パリ(ルーヴル美術館、エドモン・ド・ロットシールド・コレクション、Inv. 781D.R、および国立高等美術学校)、ケルン(ヴァルラフ=リヒャルツ美術館)、ロンドン(大英博物館)、ヴェネチア(アカデミア美術館)、ハンブルク(ハンブルク・クンストハレ)、ケンブリッジ(フィッツウィリアム美術館)。

出典

- ARASSE Daniel, Léonard de Vinci. Le rythme du monde, Paris, 1997, p. 297, fig. 207.

- BERENSON Bernard, The Drawings of the Florentine Painters Classified, Criticised and Studied as Documents in the History and Appreciation of the Tuscan Art, with a Copious Catalogue Raisonné, Londres, 1903, tome I, p. 152, planche CI, II, n 1068.

- DEMONTS Louis, Les Dessins de Léonard de Vinci au musée du Louvre, Paris, 1921, n 8.

- GALICHON Emile, "Un dessin de Léonard de Vinci pour le tableau de l'Adoration des mages", in Gazette des Beaux-Arts, tome XXIII, 1867, pp. 530-536.

- MARANI Pietro C., Léonard de Vinci, une carrière de peintre, Milan, Arles, 1999, fig. pp. 107, 108, 109.

- PEDRETTI Carlo et DALLI REGOLI Gigetta, I disegni di Leonardo da Vinci e della sua cerchia nel Gabinetto Disegni e Stampe della Galleria degli Uffizi a Firenze, Florence, 1985, p. 57 sous n 8.

- Reale Commissione Vinciana, I manoscritti e i disegni di Leonardo da Vinci pubblicati dalla Reale Commissione Vinciana sotto gli auspici del Ministero dell'Educazione Nazionale. Disegni , a cura di Adolfo Venturi, Fascicolo II , I disegni di Leonardo da Vinci dal 1478 al 1481, Rome, 1930, n 46.

- VIATTE Françoise, Léonard de Vinci, dessins et manuscrits, cat. exp. Paris, Musée du Louvre, 2003, notice 22.

作品データ

  • レオナルド・ダ・ヴィンチ (ヴィンチ、1452年-クルー城、1519年)

    《東方三博士の礼拝》

    1481年

  • ペンおよび褐色インク、鉛尖筆による粗描

    縦28.4 cm、横21.3 cm

  • 1875年パリにてエミール・ガリション・コレクションの競売(162番)、1894年ルイ・ガリションによりルーヴルに遺贈

  • 素描・版画

    保存上の理由により、当部門の作品は常設展示室では展示されていません。

来館情報

ルーヴル美術館 パリ フランス
地下鉄:1番線または7番線、Palais-Royal Musée du Louvre 駅
 
開館時間
月・木・土・日:9時-18時
水・金:9時-21時45分(夜間開館)

休館日:毎週火曜日、1月1日、5月1日、12月25日
 
 

チケットを購入する