Go to content Go to navigation Go to search Change language

ホーム>作品と宮殿>コレクションと学芸部門>《沼の近くの藁葺きの家》

Une pauvre masure au bord d'un cours d'eau

素描・版画
17世紀

執筆:
Maget Antoinette

オランダの芸術家ピーテル・モレインは、簡潔な主題と巧みな技量を示すこの素描の作者である。オランダの典型的な風景の中の簡素な田舎の家を描いたこの素描は、周囲の環境から主題を引き出すモレインの特徴を示している。モレインは、エサイアス・ファン・デ・フェルデ、ファン・ホイエンとともに、オランダの風景画を革新し、ヤコブ・ファン・ロイスダールに道を開いたのである。

貧しいあばら家

荒廃したあばら家が、素描の左側にある水場の近くを占めている。画面右側では、木の柵の方に向かって農婦が遠ざかりつつある。ここでは人物はこれといった役割を果たさず、単に「精神的」な存在である。後姿の農婦が描かれているのは、このような意味であり、農婦は素描の引き立て役に過ぎない。この素描は、貧しいという感情と同じくらい孤独な感情を反映している。草木はほとんど生えておらず、灰色の空に鳥が旋回している。こうした全てが秋の表現を思わせる。

ハールレムの弟子と師匠

ピーテル・モレインは、ファン・デ・フェルデ家のヤンとエサイアスの兄弟およびウィレム・バイテウェッヘの推進力の下に、アムステルダム派に匹敵する流派を形成し、17世紀で最も精彩を放った芸術の中心地の一つであったハールレムに生きた。1616年に聖ルーカスのギルドに登録したモレインは、1633年頃に修行に来たヘラルト・テル・ボルフの師匠であった。モレインにおける真の芸術の到来は、ファン・ホイエンのそれと同時期であっただろうと理解される。ただし、ファン・ホイエンの空間把握の仕方はいささか控えめではあった。実際、モレインが対角線に沿って様々な要素を配置したのに対し、ファン・ホイエンは連続する絵画面から成る構造を維持した。

市場の拘束

ピーテル・モレインは、数多くの技法に長けていたが、ほとんど黒チョークのみで素描を制作した。17世紀初頭に描かれた風景表現にはいささか繰り返しが多いが、モレイン晩年の創造的な時期に制作された風景画は、ダイナミックであり見事な色遣いを示している。モレインは、ハールレム近郊の砂丘を幾度も描いており、この街を取り巻く近郊の自然と風景は、モレインがとりわけ好んだモティーフだった。モレインの芸術制作の特徴の一つは、モレインが市場の要請に合わせて制作したことにある。購入者が、独立して制作されたオリジナルを求めれば、モレイン自身がすでに描いたことのある作品をまた繰り返し描いた。こうしてモレイン自身の手になる複製が二枚三枚と制作されたのである!

出典

- BACOU Roseline, Rembrandt et son temps - Dessins des collections publiques et privées en France, cat. exp. Paris, Musée du Louvre, 1970, n 66.

- BECK H.-U., Pieter Molijn 1595-1661 - Katalog der Handzeichnungen, Doornspijk : Davaco, 1998, n 415, p. 190.

- BECK Beck, "Pieter Molyn and his Duplicate Drawings", in Master Drawings, vol. 35, n 4, 1997, pp. 341-366.

- LUGT Frits, Inventaire général des Dessins des Écoles du Nord, École hollandaise, Paris, Éditions Albert Morancé, 1929, Tome I, n 473, p. 68.

作品データ

  • ピーテル・モレイン(ロンドン、1595年-ハールレム、1661年)

    《沼の近くの藁葺きの家》

    1665年頃

  • 黒チョーク、灰色の淡彩

    縦14.90 cm、横19.70 cm

  • イス・ド・ラ・サル・コレクション、1878年に寄贈

  • 素描・版画

    保存上の理由により、当部門の作品は常設展示室では展示されていません。

来館情報

ルーヴル美術館 パリ フランス
地下鉄:1番線または7番線、Palais-Royal Musée du Louvre 駅
 
開館時間
月・木・土・日:9時-18時
水・金:9時-21時45分(夜間開館)

休館日:毎週火曜日、1月1日、5月1日、12月25日
 
 

チケットを購入する

作品の補足情報

左下に黒チョークで署名、一部消去