Go to content Go to navigation Go to search Change language

ホーム>作品と宮殿>コレクションと学芸部門>《磔刑像の前にひざまずく聖ヒエロニムス》

作品 《磔刑像の前にひざまずく聖ヒエロニムス》

素描・版画部門 : 17世紀

Saint Jérôme à genoux devant un crucifix

Musée du Louvre, dist. RMN-Grand Palais - Photo S. Nagy

素描・版画
17世紀

執筆:
Caviglia-Brunel Susanna

この作品は、ベルニーニの素描作品の傑作の一つである。1665年にパリで制作されたこの素描は、ルイ十四世の招聘によるイタリアの巨匠ベルニーニのパリ滞在を物語る稀な記録となっている。この素描への古い書き込みが示すように、この作品は、ベルニーニから国王の建築総監であったコルベールに献呈された。《聖ヒエロニムス》は、ベルニーニの素描の様式とローマのバロック絵画の成立を理解するために最も重要な作品である。

パリ滞在

1665年にベルニーニは、ルーヴル宮殿正面の案件に携わるようルイ14世に招聘され、パリに赴いた。それにもかかわらず、ベルニーニは、自らの計画の実現を見ることなくパリを去った。ベルニーニがローマに戻ってから、コルベールに2回続けて素描を送ったにもかかわらず、ルーヴル宮殿正面は、1667年から1670年にかけて、ル・ヴォー、ペロー、ル・ブランの案に従って造営された。ルーヴル美術館所蔵の《聖ヒエロニムス》は、ベルニーニのこのパリ滞在中に制作されたものであり、素描への書き込みと、J・ド・シャントゥルーによる『騎士ベルニーニのフランス紀行』が示すように、ベルニーニからコルベールに献呈されたものである。シャントルーによれば、シャントルーがベルニーニのアトリエを10月4日に訪ねた折、「コルベール氏が去った後に、ベルニーニ氏が何日か前に描いた《聖ヒエロニムス》を、私が来る前にコルベール氏に与えたことが分かった。」

聖ヒエロニムスの主題

聖ヒエロニムスの主題は、17世紀イタリアの巨匠によってしばしば取り上げられてきた。ダルマチア地方あるいはヴェネチアに生まれた聖ヒエロニムス(340-420年頃)は、ラテン教会の教父の一人である。ローマで洗礼を受けた後、聖地に旅立ち、3年間シリアの砂漠に隠遁して悔悛した。ローマに戻った後、聖ヒエロニムスは、教皇ダマススの命で、聖書のラテン語訳(ウルガータ訳)に携わる。聖ヒエロニムスの翻訳は、トレント公会議で公認ラテン語訳に制定された。一般的に聖ヒエロニムスは、書見台を前にして座り、聖霊に霊感を受けて聖書を翻訳している最中か、あるいは砂漠で悔悛しているところを描かれる。ベルニーニは、ルーヴル美術館の素描で、砂漠で悔悛する第二の局面を描くことにし、聖人に深い悲壮感に満ちた表現を与えている。この素描では、岩にひざまずき、磔刑像の前で礼拝する聖人が、完全に場面を占めている。右側の中景にライオンが見えるが、このライオンは、聖ヒエロニムスがその足から棘を抜いてやったおかげで、聖人の友となったのである。

神秘的な作品

ベルニーニがここで強い神秘主義の演出を可能にする祈念の主題を選択したことは、当時67歳になっていたベルニーニの信仰心の高まりを示している。聖人のゆったりとした大げさな身振りに加え、聖人とライオンの痩せ細った体にほどこされたコントラストのはっきりした淡彩は、マリエットの競売のカタログ(1775年、19番)にF・バザンが長々と記した強い宗教的感情を完璧に表している。「崇高な構想に基づくこの素描に見られる表現ほどに、愛と信仰の感情を見事に表しているものはなかろう…」R・E・スピアー(1966年、107頁)は、ローマのバロック絵画の発達、とりわけ1650年以降ベルニーニと交友のあったジェノヴァのジョヴァンニ・バッティスタ・ガウルリ、通称バチッチョの行った研究におけるこのタイプの作品の重要性を強調している。アリッチャのキージ宮殿には、この素描の異作が所蔵されている。

出典

- SPEAR Richard E. , "Baciccio's Pendant Paintings of Venus and Adonis", in Allen Memorial Art Museum Bulletin - Oberlin College, printemps 1966, p. 107

作品データ

  • ジャン・ロレンツォ・ベルニーニ(ナポリ、1598年-ローマ、1680年)

    《磔刑像の前にひざまずく聖ヒエロニムス》

    1665年

  • ベージュ色の紙に黒チョーク、ペンと褐色インク、褐色の淡彩

    縦39.3 cm、横29.5 cm

  • 1775年のマリエットの競売においてランプルールが国王美術品蒐集室のために購入

  • 素描・版画

    保存上の理由により、当部門の作品は常設展示室では展示されていません。

来館情報

ルーヴル美術館、チュイルリー庭園、クール・カレは、新たな通達があるまで休館・休園いたします。
美術館のチケットをオンラインでご購入された方々には、自動で返金処理が行われます。返金に当たり、特にお手続きをしていただく必要はございません。
なお、返金処理数が膨大なため、ご返金まで三か月ほどかかる場合があります。
ご理解のほどよろしくお願いいたします。

チケットを購入する

作品の補足情報

右下に、ペンと褐色インクで書き込み:Par M.r le Cavalier Bernin et donné par/Luy à Monsieur Colbert le 19 octobre 1665(1665年10月19日に騎士ベルニーニによってコルベール氏に献呈)