Go to content Go to navigation Go to search Change language

ホーム>作品と宮殿>コレクションと学芸部門>《羊飼いたちの礼拝》

L'Adoration des bergers

RMN - Grand Palais (Musée du Louvre) Franck Raux

素描・版画
18世紀

執筆:
Dupuy Marie-Anne

《羊飼いの礼拝》は、フラゴナールの宗教的な場面を描いた最も有名な作品の一つであり、フラゴナールはこのテーマに関する絵画も制作している。絵画は、画面中央を象徴的に占める幼子キリストを中心に構成されている。黒チョークと筆で繊細にほどこされた淡彩の間のきわめて繊細な戯れが、場面に活気を生み出し、荘重さと情感を与えている。同時代人は、この素描を「自在で機知に満ちたタッチ」と記している。

私的な注文

この素描は、ルーヴル美術館所蔵の絵画(RF 1988-11)と関連付ける必要がある。この絵画の方は、卓越した美術愛好家であったヴェリー侯爵ルイ・ガブリエルが注文したものである。侯爵は、1775年から1779年にかけて、とりわけジャン=バティスト・グルーズ、ユベール・ロベールの作品や、少なくともジャン=オノレ・フラゴナールの10枚の絵画を含む重要なコレクションを蒐集した。この素描は、絵画と同様1776年頃の作と推定されている。

宗教的主題の画家フラゴナール

フラゴナールの名声は、きわどい主題(ロンドンのウォーレス・コレクションの有名な《ぶらんこ》を参照)や若い裸婦や激しい抱擁を表わした、いわゆる「閨房(けいぼう、御婦人の居間)」の絵画に基づいているが、そうした面ばかりが誇張されているきらいがある。フラゴナールが宗教的主題を見事に描く画家であったということは忘れられてしまっているのである。フラゴナールは、宗教的主題の中では、幼子が主役であるテーマに本質的に関心を抱いていた。こうして、フラゴナールが聖母やキリストの幼年時代を表わした、いくつかの絵画と素描が知られている。この素描もそうした一例であり、聖母と聖ヨセフに囲まれた幼子イエスの前に、羊飼いらがやって来て平伏している。この素描では、きわめて軽い淡彩が、ほとんどコントラストのない柔らかい光で作品を包んでいるのに対し、絵画ではフラゴナールは、レンブラントの芸術を思い起こさせる光の効果を取り入れている。

習作か反復か?

フラゴナールにはよくあることだが、右側の羊飼いの様子が素描と絵画では正確には同じでないことが暗示しているように、この素描が絵画作品の準備習作の役割を果たしているのか、それともフラゴナールがしばしばやるように、この素描がすでに完成した絵画に想を得たヴァリエーションなのかは疑問である。こうして、同時代人にとりわけ高く評価された幾つかの主題に関しては、構図のきわめて似通った、またどのような順序で制作されたかを決定するのが困難な、2、3枚の絵画や素描や水彩に出会うことも珍しくはない。

出典

- ANANOFF Alexandre, L'oeuvre dessiné de Jean-Honoré Fragonard (1732-1806), Paris, I, 1961, n 460, fig. 160.

- CUZIN Jean-Pierre, Fragonard, Paris, Milan, 2003, n 28.

- ROSENBERG Pierre, Fragonard, cat. exp. Paris, Grand Palais, New York, The Metropolitan Museum of Art, 1987-1988, n 235.

作品データ

  • ジャン=オノレ・フラゴナール(グラッス、1732年-パリ、1806年)

    《羊飼いたちの礼拝》

    1776年頃

  • 黒チョークの輪郭線に褐色の淡彩

    縦35.6 cm、横46.3 cm

  • シャボ公爵コレクション、1787年12月10-15日に匿名の競売(273番)。ロブロ・コレクション、1830年4月22-23日にパリで匿名の競売(86番)。イポリット・ヴァルフェルダン・コレクション、1880年4月12-16日にパリで競売(219番)。シュシェ博士コレクション、シジスモン・バルダック・コレクション、ジョルジュ・ブリュマンタールとフロランス・ブリュマンタール・コレクション(パリとニューヨーク)、1932年12月1-2日にパリで競売(29番)。1968年にルーヴル美術館により購入

  • 素描・版画

    保存上の理由により、当部門の作品は常設展示室では展示されていません。

来館情報

ルーヴル美術館 パリ フランス
地下鉄:1番線または7番線、Palais-Royal Musée du Louvre 駅
 
開館時間
月・木・土・日:9時-18時
水・金:9時-21時45分(夜間開館)

休館日:毎週火曜日、1月1日、5月1日、12月25日
 
 

チケットを購入する