Go to content Go to navigation Go to search Change language

ホーム>作品と宮殿>コレクションと学芸部門>《腰掛けて右手で剣を振りかざす若い男の裸体、および手の習作》

作品 《腰掛けて右手で剣を振りかざす若い男の裸体、および手の習作》

素描・版画部門 : 16世紀

Etude pour saint Michel terrassant le Démon

素描・版画
16世紀

執筆:
Mancini Federica

フィレンツェのパラッツォ・ヴェッキオ内にある、エレオノール礼拝堂の大天使聖ミカエルのための準備習作であるこの作品は、実際のモデルを基に描かれたものである。というのも、人物像の加筆修正や再度描かれた手の習作は、それが今まさに制作中であるということを示しているからだ。ブロンツィーノの最初の大作とされているこのフレスコ画に描かれた大天使は、装飾の豊かさと、理想化された容姿の点で、特筆すべきものである。またこの作品は、作者が後の円熟期になって用いる図像類型のうち、最初期のものを示す例となっている。

実際のモデルに基づくデッサン

裸体の男は腰掛けて右腕を挙げ、剣を手にしている。顔は、実際の男性モデルを用いることで、かなり緻密に描写されている。いくつかの部分(右脚、左足のかかと、挙げられた腕)に認められる筆致のとまどいは、制作中に作者が施した加筆修正の跡である。素描はまさに今「制作中」であるかのように見え、それは特に作品下部の、剣を持った手が再度粗描されている部分で顕著である。

《モーセの物語》

礼拝堂の装飾画は、フィレンツェ公コジモ1世およびその妻エレオノーラ・ディ・トレドが、パラッツォ・デッラ・シニョーリアへの入居を祝うために注文したものである。ブロンツィーノの制作活動における最も見事な作品の一つとされるこの礼拝堂のフレスコ画は、1541年から1546年の間に描かれ、《モーセの物語》を表している。ルーヴルの素描は、この装飾画のための準備素描の一枚である。穹窿(きゅうりゅう=円天井)の装飾全体を描いた素描(フランクフルト、シュテーデル美術学院)も存在し、それはおそらく、図案の承諾を得るため注文主に提出されたものと考えられている。その他にも、フィレンツェのウフィッツィ美術館には《紅海の渡渉》中の男性像のための習作が、また、ルーヴル美術館素描室には《岩を打つモーセ》の中の若い女のための習作(INV 17)がある。

大天使ミカエル/大ミケランジェロ

人物像の姿勢は、それが有名な原型を基にしていることを示している。というのも、その身体の捻れ、そして螺旋状の動きが、ミケランジェロ、なかでもその《ミネルヴァ》の彫像(1530-1532年、フィレンツェ、パラッツォ・ヴェッキオ)、および、ローマのシスティーナ礼拝堂の《最後の審判》の中のキリストを思い起こさせるからである。ブロンツィーノは、ミケランジェロの作品をきわめて称賛しており、二篇のソネットを自ら献じているほどである。ルーヴルの素描は、同時期にシスティーナ礼拝堂の大フレスコ画を完成させたばかりだったこの画家の影響を物語っている。とは言え、この《若い男》の習作は、その立体感の表現にスフマート(ぼかし画法)が用いられていることから、長い間、ミラノの画家ジョヴァンニ・パオロ・ロマッツォの作とされていた。レオナルド・ダ・ヴィンチにより練り上げられたこのキアロスクーロ(明暗法)の技法は、レオナルドがミラノに滞在した後、そのロンバルディアの町の芸術家らの間で伝わったが、その技法を彼らが好んで用いたために、この素描の本当の作者を特定することを長い間困難にしてきたのである。

出典

- BACOU Roseline, Nouvelles attributions : dessins du XVIe au XVIIIe siècle, cat. exp. Paris, Musée du Louvre, Éditions de la Réunion des musées nationaux, 1978, notice 37.

- COX-REARICK Janet, Bronzino's Chapel of Eleonora in the Palazzo Vecchio, Berkeley, Los Angeles, 1993, pp. 101-105.

- COX-REARICK Janet, L'Ombra del genio: Michelangelo e l'arte a Firenze, 1537-1631, cat. exp. Florence, éd. M. Chiariani, Firenze, Skira, 2002, notice 58.

- MONBEIG-GOGUEL Catherine, Inventaire général des dessins italiens. T. I : Maîtres toscans nés après 1500, morts avant 1600. Vasari et son temps, Paris, Éditions de la Réunion des musées nationaux, 1972, notice 10, p. 39.

作品データ

  • アーニョロ・アッローリ、通称ブロンツィーノ(モンティチェッリ, 1503年 - フィレンツェ, 1572年)

    《腰掛けて右手で剣を振りかざす若い男の裸体、および手の習作》

    1541年頃

  • 青色の淡彩により下塗りした紙に黒チョーク

    縦38.5 cm、横22.5 cm

  • フィリッポ・バルディヌッチ・コレクション(第2巻、102頁)、フランチェスコ・サヴェリオ・バルディヌッチ(フィリッポの子息)・コレクション、パンドルフォ・パンドルフィーニ・コレクション、カミッロ・パンドルフィーニ・コレクション、ロベルト・パンドルフィーニ・コレクション、アンジォーロ・パンドルフィーニ・コレクション、アンナ・エレオノーラ・パンドルフィーニ(フィリッポ・ストロッツィの妻)・コレクション、エレオノーラ・テレーザ・パンドルフィーニ・コレクション、1806年に画家フランソワ=グザヴィエ・ファーブルの調査報告に基づき、フィリッポ・ストロッツィの仲介により購入

  • 素描・版画

    保存上の理由により、当部門の作品は常設展示室では展示されていません。

来館情報

ルーヴル美術館 パリ フランス
地下鉄:1番線または7番線、Palais-Royal Musée du Louvre 駅
 
開館時間
月・木・土・日:9時-18時
水・金:9時-21時45分(夜間開館)

休館日:毎週火曜日、1月1日、5月1日、12月25日
 
 

チケットを購入する