Go to content Go to navigation Go to search Change language

ホーム>作品と宮殿>コレクションと学芸部門>アッティカ赤像式アンフォラ

作品 アッティカ赤像式アンフォラ

古代ギリシア・エトルリア・ローマ美術部門 : アルカイック時代のギリシア美術(前7-前6世紀)

アッティカ赤像式アンフォラ

© 1993 RMN / Hervé Lewandowski

古代ギリシア・エトルリア・ローマ美術
アルカイック時代のギリシア美術(前7-前6世紀)

執筆:
Sophie Marmois-Sicsic

アッティカの杯の画家であるオルトスは、「ニコステネス」の3つの赤像式アンフォラを装飾した。ここではパンパイアイオスが手がけた、首の長いアンフォラのこの型は、エトルリアのブッケロの原作を元にニコステネスの工房にて開発された。複数の人物像(ネレイス、重装歩兵)、2つの神話の場面(ヘレネ、メネラオス、そしてアキレウスとケイロン)そして豊富な植物装飾は、壺の異なった部分を占めている。

ニコステネスのアンフォラ

ニコステネスのアンフォラは、かなり小型の幅の狭い、首の長いアンフォラの形をしており、その形は、エトルリアのブッケロ(黒い陶器)の原型に着想を得ている。壺の口から首の下を結ぶ平らな把手は、葉の冠を被った競技選手を表現した一人の縦型の人物像にて装飾されている。首の各面は、サンダルを履く裸の女性により占められている。唐草模様の葉飾りで囲まれたパルメットの豊かな装飾は、人物装飾により縮小された場所を残しながら、口の平らな部分と把手をなぞる。放射状の穹窿のフリーズは、胴の下部を囲んでいる。

神話の場面

人物像を示す記載文字により判断される2つの神話の場面は、アンフォラの胴部を装飾している。A面はトロイ陥落後のヘレンとその夫メネラオスの再会を描いている。戦士の衣装を着たメネラオスは、ヘレンの腕を捕らえ、復讐のため彼女を今にも剣で刺し殺そうとしている。彼女は自分の夫の方を向きながら、壺の首にいるネレイスと同じような徒競走の仕草で、彼から逃れようとしている。後にメネラオスは、ヘレンの美しさに耐え切れず、彼女を許した。もう一面には、ケンタウルスのケイロンが、その右手に若いアキレウスを持ち上げている様子が表現されている。ペレウスと最も有名なネレイスである、女神テティスの息子アキレウスは、ケンタウルスのケイロンにその教育を任せるために、彼の父より預けられた。このケンタウルスは、ヒマティオンを着た体で表現されている。そこにオルトスは、馬の後半軀を付け加えた。彼は、ケンタウルスに伴う象徴物を右手に持っている。それは死んだ野うさぎが掛かる木の枝である。伝統的にアッティカの画家は、子供を成人の姿で表現する。そしてこのアンフォラにてオルトスは、アキレスをケンタウルスに対して縮小された大きさで、ヒマティオンに覆われた青年のように描いている。

オルトス

前6世紀第4四半世紀(前525‐500)に活動をしたオルトスは、ベルリンとタルクイニアに保管されている2つの杯に刻まれているサインにて知られている。オルトスは大量の壺に装飾を描いた。初めに「二様式」(黒像式と赤像式の2つの技術で装飾された壺)の杯、次に赤像式のみの杯を手がけた。彼はルーヴル美術館の2つのアンフォラ(G2とG3)にサインをしたニコステネスやパンパイアイオスなどの複数の陶工のもとで仕事をした。その後、エウフロニオスとも共同制作をした、カキュイリオンやエウキテオスのもとで装飾をした。オルトスは壺の構成に大きな関心を寄せていた。アンフォラのそれぞれの部分は、調和のへの配慮がされるなか、パルメットや蓮の花の付属的装飾によりなぞられ、巧みに装飾されていた。主に顔、襞、肉体の加工にみられる様式のつながりにより、オルトスと彼の師匠エウフロニオスは結び付けられる。オルトスはその時代遅れの跡をとどめる様式を維持しながら、エウフロニオスの研究を導入した。 

出典

- DENOYELLE Martine, Chefs-d’œuvre de la céramique grecque, Editions de la Réunion des musées nationaux, 1995, p. 102, n° 46.

作品データ

  • 陶工パンパイアイオス、オルトスに帰属

    アッティカ赤像式アンフォラ

    前525‐515年頃

    イタリアのヴルチに由来

    アテナイ

  • 陶土、赤像式

    高さ37cm、直径20.30cm

  • 旧カンパーナ・コレクション、1861年購入

    G 3

  • 古代ギリシア・エトルリア・ローマ美術

    シュリー翼
    2階
    ギャラリー・カンパーナIV 赤像式ギリシャ陶器 アテネ 紀元前5世紀
    展示室652

来館情報

ルーヴル美術館 パリ フランス
地下鉄:1番線または7番線、Palais-Royal Musée du Louvre 駅
 
開館時間
月・木・土・日:9時-18時
水・金:9時-21時45分(夜間開館)

休館日:毎週火曜日、1月1日、5月1日、12月25日
 
 

チケットを購入する

作品の補足情報

陶工のサイン(A面):Pamphaios epoiesen(パンパイアイオスが制作)、銘(A面)メネイロス、エレネ、銘(B面)ケイロン、アキレウス