Go to content Go to navigation Go to search Change language

ホーム>作品と宮殿>コレクションと学芸部門>ティーセット《透細工の中国風セット》

ティーセット《透細工の中国風セット》

© 1987 RMN / Daniel Arnaudet

工芸品
19世紀

執筆:
Muriel Barbier

王妃マリー=アメリー(1782‐1866年)の ティーセット《透細工の中国風セット》は、ルイ=フィリップ治下にセーヴル製陶所が制作した中でも、きわめて類稀な品のひとつである。盆の上にお茶に必要な食器すべてが揃っており、緻密な透細工の装飾と、当時を特徴づける鮮やかな彩色を見せている。

ティーセットとは

ティーセットとは、少人数でのお茶の集まり用に、盆の上に食器を揃えたものである。食器は、コーヒー、ココア、紅茶のポットを中心にカップ、場合によっては卵立てと塩入れを加えたものである。王妃マリー=アメリーの ティーセット《透細工の中国風セット》は10点で構成される。盆、碗、コーヒーポット、ティーポット、ミルク入れ、砂糖壺、カップ4点とその受け皿である。盆の中央には柱があり、上には碗を載せるための小盆が置かれる。その周りに他の食器が配置される。

大胆な技法による作品

ティーセット《透細工の中国風セット》は、1800年よりセーヴル製陶所所長を務めるブロンニャールの監督下に制作された、最も大胆な作品のひとつである。近代の中国磁器を手本に、セーヴル製陶所の彫刻家であり成形工であるヤサント・レニエが図案を描いた。コーヒーポット、ティーポット、ミルク入れ、砂糖壺、カップとその受け皿は二重構造になっており、内側は隙間のない地、外側は網状に切り込みが入っている。この網目から、同セットは「透細工の」という名で呼ばれている。取っ手と注ぎ口は茶色の竹の形をしており、これも中国を想起させる。形の難しさもさることながら、地の色も様々である。盆の地は黄色く、緑で縁どられている。同じ色彩が、盆と同様、黒地に鳥と花のモチーフを交互に描いた飾枠で飾られる碗にも認められる。ポット4点の首の周りには、色とりどりの花を描いた黒い帯が巡らされている。この装飾は、セーヴル製陶所で1811年より1846年まで働いたピエール・ユアールによって描かれた。

段階的な制作

ブロンニャールは、このティーセットをとりわけ念入りに準備しており、この作品への関心のほどがうかがわれる。彼は完成までの各段階を、製作所の展覧会で幾度か紹介している。最初の作品は1832年の製作所展覧会に展示された。1833年の同展覧会では、数点のみが木製の盆にのせて展示された。1835年にはティーセットは楕円形の盆と9点の食器で構成されており、1838年になってやっと完全な形で紹介された。ブロンニャールの関心は、このティーセットが1844年出版の『製陶技法概論』の中で紹介されていることにも現れている。その中では、この作品の各制作過程が説明されている。ティーセット《透細工の中国風セット》は大変な評判を博した。殊に王妃マリー=アメリーはこれを気に入り、7組を納めさせている。ルーヴル美術館のセットは1840年に王妃が購入したもので、当時は箱が添えられていた。このことから、王妃がこれらのティーセットを新年の贈物にしたものと推測される。

出典

- Un Âge d’or des arts décoratifs 1814-1848, Catalogue d’exposition, Paris, Éditions de la Réunion des musées nationaux, 1991, p. 279

Nouvelles acquisitions du département des objets d’art 1985-1989, Paris, Éditions de la Réunion des musées nationaux, 1990, pp. 272-275

作品データ

  • ティーセット《透細工の中国風セット》

    1840年

    王妃マリー=アメリーのコレクション

    セーヴル製陶所

  • 硬磁器

    盆:高さ20cm、直径50cm、 碗 : 高さ9.50cm、直径22cm コーヒーポット: 高さ19.30cm、幅14.20cm、直径9.50cmティーポット: 高さ12.70cm、幅19.30cm、直径13cmミルク入れ: 高さ8.00cm、幅10.50cm、直径9.50cm砂糖壺: 高さ12.30cm、幅14.80cm、直径11cmカップ: 高さ(平均)4.60cm、 幅(平均)9.20cm、直径(平均)7.20cm受け皿: 高さ4.60cm、直径(平均)12.80cm

  • 1986年、ジャン=マリ・ロッシ夫妻より寄贈

    OA 11098, OA 11099, OA 11100, OA 11101, OA 11102, OA 11103, OA 11104, OA 11105, OA 11106, OA 11107, OA 11108, OA 11109, OA 11110, OA 11111

  • 工芸品

    リシュリュー翼
    2階
    シュナヴァール
    展示室563

来館情報

ルーヴル美術館 パリ フランス
地下鉄:1番線または7番線、Palais-Royal Musée du Louvre 駅
 
開館時間
月・木・土・日:9時-18時
水・金:9時-21時45分(夜間開館)

休館日:毎週火曜日、1月1日、5月1日、12月25日
 
 

チケットを購入する