Go to content Go to navigation Go to search Change language

ホーム>作品と宮殿>コレクションと学芸部門>バコー、ソクラテス、アリストニケのアッティカ墓碑

作品 バコー、ソクラテス、アリストニケのアッティカ墓碑

古代ギリシア・エトルリア・ローマ美術部門 : クラシック時代のギリシア美術(前5-前4世紀)

古代ギリシア・エトルリア・ローマ美術
クラシック時代のギリシア美術(前5-前4世紀)

執筆:
Lepetoukha Charlotte

この小型神殿の形をした墓石は、バコー、ソクラテス、アリストニケを名乗る故人にささげられている。墓碑は、六人の人物を伴った場面を描いている。召使に囲まれた、赤ん坊を抱いた女性、座った女性、小さな少年は立っている女性に別れを告げている。紀元前4世紀には墓碑の人物はより多かった。墓碑の背景から開放されるようになった、この記念碑は、紀元前4世紀中期に位置される。

六人の人物の墓碑

墓碑は、小型の神殿ナイスコスの形をしている。二本の付け柱はアーキトレーヴと、極めて薄い浮彫により彫刻された鳥により装飾されたペディメントを支え、そしてその上にはアクロテリアがある。アーキトレーヴには故人を示すバコー、ソクラテス、アリストニケの刻字が含まれている。残念ながらそこに付着した凝結物は、その読み取りを妨げる。建築を模った縁の中には、複数の人物が挿入されている。左には、故人を示す、覆いを取り払う動作をした女性バコーが立っている。彼女は、彼女の方に顔を上げている座った女性、アリストニケの手を握っている。おそらくソクラテスと思われる小さな少年は、バコーの方に手を伸ばしている。背景には、手に化粧小箱を持ち、もう一つの手を顔に当てた召使がいる。左には布に包まれた赤ん坊を抱いたもう一人の召使がいる。

家族との別れの場面

多彩な図像の構図から直ぐに、これが故人との別れの場面であることがわかる。というのもデクシオシスのギリシア神殿の下で交わされた、バコーとアリストニケの握手は、ギリシア墓碑でよく見られる要素であるからだ。これは、親近の者との別れを象徴的する慣習的な動作です。顔に当てた手により情を表す召使の様子、覆いを取る故人の動作もまた墓碑によく見られる表現である。この浮彫は、召使に囲まれた家族の団体を演出する。この家族は、その召使の数より、裕福だったことがわかる。一番重要な位置を占める人物像、アリストニケはおそらくバコーの母であると推測される。立っている小さな少年は、バコーの息子と思われる。彼は、母に向かい手を伸ばしている。それは愛情のこもった別れを告げる意味をもつ。赤ん坊はおそらくバコーの二人目の子供である。この場面での彼の存在は、彼女が御産で亡くなったことを示している。アリストニケの名は、他の二人の後にアーキトレーヴに付け加えられたと推測される。彼女は、自分の娘よりも後に亡くなった。

4世紀の墓碑

この記念碑は、アッティカ墓碑の紀元前5世紀より見受けられた発展に沿っている。それは、建築装飾を取り入れた。それらの墓碑はより幅広になり、より多くなる人物を挿入することを可能にした。紀元前5世紀には、古典様式、高貴で簡素な仕上げもまた見受けられる。そこには、その出来事に関連した悲しみが、制御され、暗号化された外見的な動作により表現されている。しかしながら例外的に、中央の召使の表情に、いくらかの紀元前4世紀の悲壮感がより多く表れている。
もう一方では、稀に見る数の中心人物と、墓碑の背景より浮かび上がりはじめた、人物の高彫りの加工もまた、この作品を紀元前4世紀中期に推定させる。その後の記念碑は、暴君デメトリウス・ファレレウスの出費規正法の発令前により、紀元前317年アッティカ地方の墓碑の生産が断絶する前に、極めて突出した高浮彫の人物像加工を終了させた。

出典

- CLAIRMONT C. W., Classical Attic Tombstones, t. IV, 1993, n 4910, pp. 149-150.

- HAMIAUX M., Les sculptures grecques au musée du Louvre, t. I, Paris, 2001, n 156, p. 162.

作品データ

  • バコー、ソクラテス、アリストニケのアッティカ墓碑

    紀元前340年頃

    アテネ、ギリシア

    アテナイ、ギリシア

  • ペンテリコ産の大理石(ギリシア、アテネ地方)、浮彫

    高さ1.47cm、幅0.92m

  • 1910年購入

    Ma 3113

  • 古代ギリシア・エトルリア・ローマ美術

来館情報

ルーヴル美術館、チュイルリー庭園、クール・カレは、新たな通達があるまで休館・休園いたします。
美術館のチケットをオンラインでご購入された方々には、自動で返金処理が行われます。返金に当たり、特にお手続きをしていただく必要はございません。
なお、返金処理数が膨大なため、ご返金まで三か月ほどかかる場合があります。
ご理解のほどよろしくお願いいたします。

チケットを購入する