Go to content Go to navigation Go to search Change language

ホーム>作品と宮殿>コレクションと学芸部門>小型作業テーブル

作品 小型作業テーブル

工芸品部門 : 18世紀:ロココ

小型作業テーブル

工芸品
18世紀:ロココ

執筆:
Barbier Muriel

ルイ15世の治下ではテーブルの種類が増加し、非常に異なる多くの型が存在した。小さなものは、必要に応じて持ち運びできるようになっていた。ルーヴルのもののような小型作業テーブルは1段または数段の引き出しが備わり、長い弓なりの脚に支えられている。B.V.R.B.の作と推定されているルーヴルのテーブルは、おそらくその磁器の台板を失ってしまったが、マルタンニスの装飾は保存している。当作品は、ルイ15世様式の家具の洗練をよく伝えている。

小型作業テーブル

この種のテーブルは、1段または数段の引き出しから構成され、貫の平板がつなぐ弓なりの長い脚に支えられ、様々な用途をもっていた。ルーヴルのテーブルは、筆記用具入れとして使うように引き出しが3つに仕切られており、そこに現在では失われてしまった書見台があったことから、書き物をするのに使用することができた。非常に数多く知られている小型のテーブルは、ルイ15世の時代には、人の混雑具合によって部屋から部屋へと持ち運ばれた。このことから、ルーヴルの小型作業テーブルにおいても見受けられるように、これらの小型家具は金鍍金ブロンズでできた取っ手が側面に付けられていた。

B.V.R.B.と小間物商

このテーブルに類似したテーブルは数点知られている。そのほとんどに、ベルナール・ヴァン・リーザンブール2世(1696年以降―1766年頃)の刻印が押されている。ベルナール・ヴァン・リーザンブールは、同じ名前をもつ高級家具職人の一家の出であった。彼は、当時はパリの外にあったフォーブール・サン・タントワーヌ地区で、パリ市内の小間物商のためにのみ制作を行っていた。その理由から、彼はただ『B.V.R.B.』と刻印し、そのため顧客は作者が誰かを知らず、新しい注文をする際にはいつも下取りの小間物商を介さなければならなかった。B.V.R.B.は、小間物商のシモン=フィリップ・ポワリエに数点の小型作業テーブルを納入している。ポワリエは彼に貴重な材料-この場合は磁器と金鍍金ブロンズ―を提供していた。職人は出来上がった家具を再度ポワリエに渡し、ポワリエが販売を担当した。ルーヴル美術館に保存されている、B.V.R.Bの刻印があるもう1脚のテーブルは、当作品と形と金鍍金ブロンズがまったく同じである。そちらにはセーヴルの磁器の台が備え付けられているため、こちらのテーブルも他のB.V.R.B.作の同種のもののように、磁器の台が付いていたと推定することができる。

マルタンニス

このテーブルの脚部分には、小花模様が中に組み込まれた、格子組み模様を表わすマルタンニスが施されている。このニスは本来ばら色の地であったはずだが、時間とともに色あせてしまった。ロサンジェルス(カリフォルニア)のJ.P.ゲッティー美術館は、1761年制作とされている、B.V.R.B.の刻印をもつ小型作業テーブルを1脚保存しており、異なってはいるが、マルタンニスの装飾が施され、セーヴルの磁器の台が備わっており、そのばら色の地には、ルーヴルのテーブルの脚部分と同じ、小花模様が組み込まれた格子組み模様が施されている。よって、J.P.ゲッティー美術館に保存されている磁器の板は、元々ルーヴルのテーブルに備わっていたものであり、そしていつかは不明だが、それが現在の大理石の板と取り替えられた、という可能性がある。

出典

- SASSOON Adrian, Vincennes and Sèvres porcelain, catalogue of the collection, The Jean-Paul Getty Museum, Malibu, California, 1991, pp. 162-165.

- ALCOUFFE D., DION-TENNENBAUM A., LEFEBURE A., Le Mobilier du Musée du Louvre, Dijon, Éditions Faton, 1993, p. 171.

作品データ

  • ベルナール・ヴァン・リーザンブール2世(推定)(1696年以降―1766年頃)

    小型作業テーブル

    1760-1765年頃

    パリ

  • 木組み:オーク材、果樹材、引き出し:くるみ材、正面に果樹材、マルタンニス、金箔を貼ったブロンズ、白色大理石

    高さ66.8cm、幅36.2cm、奥行き29.1cm

  • 1922年、サロモン・ド・ロスチルド男爵夫人の遺贈

    OA 7626

  • 工芸品

来館情報

ルーヴル美術館、チュイルリー庭園、クール・カレは、新たな通達があるまで休館・休園いたします。
美術館のチケットをオンラインでご購入された方々には、自動で返金処理が行われます。返金に当たり、特にお手続きをしていただく必要はございません。
なお、返金処理数が膨大なため、ご返金まで三か月ほどかかる場合があります。
ご理解のほどよろしくお願いいたします。

チケットを購入する