Go to content Go to navigation Go to search Change language

ホーム>作品と宮殿>コレクションと学芸部門>王の執事セニネフェルと妻のハトシェプスト

作品 王の執事セニネフェルと妻のハトシェプスト

古代エジプト美術部門 : 新王国時代(前1550-前1069年頃)

王の執事セニネフェルと妻のハトシェプスト

© 2010 Musée du Louvre / Christian Décamps

古代エジプト美術
新王国時代(前1550-前1069年頃)

執筆:
Lili Aït-Kaci

セニネフェルと妻ハトシェプストは、新王国時代でも安定した繁栄期であったアメンヘテプ2世治世下に、テーベで暮らしていた。この彫像は宮廷で重要な人物であったこの二人の肖像を彫りあげたものである。ハトシェプストは大きい丸顔で、セニネフェルは彼女よりほっそりした繊細な顔で表されている。背面支持柱に供物の呪文が刻まれていることから、葬祭用の記念彫像として作製されたことが分る。

テーベの高官夫妻

今日では壊れて一部しか残っていないこの二人の彫像は、元々は砂岩の一本石に、アメンヘテプ2世治世下のテーベ上流階級の夫婦像を彫り上げたものであった。セニネフェルは、王の執事であるとともにアメン神のウアブ神官でもあり、妻のハトシェプストはアメン神の歌い手であった。二人はお互いの腰に腕を回している。幅広の背面支持柱にある記述から、元来この彫像はテーベのネクロポリスにある二人の墓の供物礼拝堂に置かれていたことが分かる。

褒美と装身具

装身具として、鬘と宝飾品を身に付けている。セニネフェルは鬘をかぶっており、こめかみに短い地毛のもみあげが描かれている。放射線状に広がった長い房でできた鬘から、耳たぶや首、肩が露出しており、金製のトローチ状の玉でできた二連の「褒賞の首飾り」を引き立たてている。この首飾りは、民衆の前で執り行われる公式な儀式の場で、王が感謝の印として高官に与えたものである。
一方、ハトシェプストの頭部を包む鬘は、太い房でできており、房の先端は編みこまれている。花模様の付いたリボンは大きな鬘に軽快な感じを与え、リボンの結び目は背後で三本の三つ編みで隠されている。胸元の首飾りの色から、その首飾りはラピスラズリ、トルコ石、カーネリアン、金製の針金からできていたことが分かる。

葬祭銘文の発達

この記念彫像の制作にあたり、彫り師や絵師は、プロポーション、色、ポーズにおいては、主な慣習に従って技術を適用させているが、ハトシェプスト貴婦人の肉付きのいい頬、細い黒の化粧が施されている目、またセニネフェルの突き出た頬、太い青色の化粧の線など人物に個性的な特徴を付け加えて彫像に生き生きとした感じを与えている。
古王国時代では、図像と文字は同様なものと見なされていたが、時が経つにつれて、文字は独立的な存在になってゆく。彫像に刻まれる箇所は、台座や椅子だけにとどまらず、背面支持柱にも刻まれる様になり、衣装や人物の身体にも刻まれた。新王国時代になると、銘文を刻む面積が拡大され、銘文も多種多様なものが現れる。人物の名前や称号は常に表記され、さらに、葬祭用供物の呪文は、複数の神々の名を連ね、容易に説明を付け加えることができた。この夫婦の銘文はその例で、アメン・ラー神、オシリス神、プタハ神、アヌビス神、ハトホル女神、そして、いかなる神も忘れないように「このネクロポリスに住む全ての神々に」と付け加え、祈りを捧げている。

出典

- Parfums et cosmétiques dans l'Égypte ancienne, catalogue de l'exposition, 2002, p. 48, p. 131.

- DESROCHES-NOBLECOURT, in Revue du Louvre, 1979, n 4, pp. 280-290.

- ZIEGLER, RUTSCHOWSCAYA, Le Louvre, les antiquités égyptiennes, 2002, p. 52.

作品データ

  • 王の執事セニネフェルと妻のハトシェプスト

    新王国時代、第18王朝、アメンヘテプ2世治世下、前1427-前1401年頃

  • 丸彫彫刻、彩色

    高さ68cm、幅85cm

  • 購入

    E 27161

  • 古代エジプト美術

    シュリー翼
    2階
    新王国時代:再征服からアメンヘテプ3世まで 紀元前1550‐紀元前1353年頃
    展示室637

来館情報

ルーヴル美術館 パリ フランス
地下鉄:1番線または7番線、Palais-Royal Musée du Louvre 駅
 
開館時間
月・木・土・日:9時-18時
水・金:9時-21時45分(夜間開館)

休館日:毎週火曜日、1月1日、5月1日、12月25日
 
 

チケットを購入する