Go to content Go to navigation Go to search Change language

ホーム>作品と宮殿>コレクションと学芸部門>青年の頭部

作品 青年の頭部

古代ギリシア・エトルリア・ローマ美術部門 : ローマ美術

青年の頭部

© 1982 Photo RMN / Daniel Arnaudet / Gérard Blot

古代ギリシア・エトルリア・ローマ美術
ローマ美術

執筆:
Astier Marie-Bénédicte

ヘルクラネウムの発掘は、ベネヴェントに由来するものと長い間信じられていた、この青年の頭部の傑作品をもたらした。ブロンズ製で赤銅がはめ込まれたこの頭部は、エルメス柱像の上部にあたると思われ、裕福なローマ人の屋敷、または体育場の装飾の一部をなしていたと思われる。この作品は前5世紀の彫刻家ポリュクレイトスによって制作された、運動選手の肖像などに多く着想を得た、前1世紀のアルゴスの伝統が引き続き息づいていたことを表明している。

ベネヴェントの頭部

1870年、ルーヴル美術館は以前ミッシェル・ティシュキエヴィッチ伯爵のコレクションのひとつであった、このブロンズ頭部の傑作品を取得した。この作品は通常「ベネヴェントの頭」と呼ばれていたが、この呼び名は大分前から知られている間違いに基づいていた。このブロンズ像は、ベネヴェントではなく、同じくイタリア南部のカンパニア地方にあるヘルクラネウムの発掘に由来する。両シチリアの王フェルディナンド2世によりベネヴェントの貴族に寄贈された頭部は、その後ベネヴェントで発見されたものと、間違えて解釈されていた。この作品は青春期を終えたばかりの青年を描いたもので、唇は赤銅により立体感を出し、眼には以前はめ込みがなされていた。

カンパニアのヴィラの装飾

前50年に制作されたこの頭部は、ヘルメス柱像の上部に当たるものと思われる。この作品は恐らくカンパニア地方の裕福な邸宅の装飾に使われていたか、ナポリ地方の体育場やアカデミーの装飾に使われていた。それらの施設では、装飾彫刻は頻繁に、そこで行われていた肉体運動を反映していた。青年の頭上に被せられた野生のオリーブの冠は、オリュンピアの競技会の勝者にささげられた褒賞を想起させる。競技者の主題は、クラシック時代のギリシアの彫刻のなかで、とても人気があったあるタイプの彫刻から着想したもので、それは古代ローマでは複製、模作、再現といった形で広く利用された。

アルゴスのポリュクレイトスの反響

「ベネヴェント」の青年は、前5世紀のアルゴスの彫刻作品の特徴を保持しているが、そのなかでも特に、この流派で最も名高いアルゴスのポリュクレイトスにより、前450年以後に制作された一連の競技者像の流れを汲んでいる。その髪の表現は、ドリュホロス(槍をかつぐ人)やディアドゥメノスなどのポリクレイトスの模作品よりも自由に仕上げられている。しかしこの作品は、切り込まれた毛筋や同様の細部の扱いなど、念入りに作られた特徴を保持している。しかしながら、額の周りに沢山あるカールした髪束の乱れは、この彫刻家には珍しい、生き生きとした表現方法を表明している。顔に関しては、アルゴス派の制作方針に従い形成され、前1世紀においてのポリュクレイトスの影響の存在を示している。ふっくらした顎、口の輪郭、窪みながら頬につたわる鼻の両脇などに、アルゴスの巨匠の伝承が明らかに見受けられる。

出典

Polyklet. Der Bildhauer der Griechischen Statuen, Francfort-sur-Main, 1990, p. 646-647, n 177.
P. Zanker, Klassizistische Statuen, Mainz, 1974, p. 32-33, n 29, pl. 34, 36.
E. Michon, "Tête d'athlète", Monuments et Mémoires. Fondation Piot I, 1898, p. 77-84, pl. 10-11.

作品データ

  • 青年の頭部

    前50年頃

    ヘルクラネウム、カンパニア州(イタリア南部)

    カンパニア州(?)、イタリア南部

  • ブロンズ、赤銅、空洞鋳造、化粧板、象眼

    高さ33cm

  • ティシュキエヴィッチ・コレクション、1870年購入

    通称「ベネヴェントの頭部」

    Br 4

  • 古代ギリシア・エトルリア・ローマ美術

    シュリー翼
    2階
    ブロンズの間
    展示室663

来館情報

ルーヴル美術館、チュイルリー庭園、クール・カレは、新たな通達があるまで休館・休園いたします。
美術館のチケットをオンラインでご購入された方々には、自動で返金処理が行われます。返金に当たり、特にお手続きをしていただく必要はございません。
なお、返金処理数が膨大なため、ご返金まで三か月ほどかかる場合があります。
ご理解のほどよろしくお願いいたします。

チケットを購入する