Go to content Go to navigation Go to search Change language

ホーム>作品と宮殿>ヴァーチャルツアー>イラン アケメネス朝ペルシア

古代オリエント美術
アナトリア

この部屋では主として、スサのダレイオス1世の宮殿に由来する、多彩色の釉薬をかけたレンガ装飾を展示している。この宮殿は紀元前6世紀末-5世紀初頭に建設された。展示室中央に見られる巨大な柱頭は、「アパダーナ」と呼ばれる宮殿の謁見の間にあった、36本の大円柱の1つから来たものである。

ビュー

このヴァーチャルツアーをご覧になるにはQuickTimeが必要となります。

来館情報

ルーヴル美術館、チュイルリー庭園、クール・カレは、新たな通達があるまで休館・休園いたします。
美術館のチケットをオンラインでご購入された方々には、自動で返金処理が行われます。返金に当たり、特にお手続きをしていただく必要はございません。
なお、返金処理数が膨大なため、ご返金まで三か月ほどかかる場合があります。
ご理解のほどよろしくお願いいたします。

チケットを購入する