Go to content Go to navigation Go to search Change language

ホーム>作品と宮殿>ヴァーチャルツアー>フランス ピュジェの中庭

彫刻
17-18世紀のフランス

建築家ルフュエルによるこの中庭は、かつてナポレオン3世の居館の一部をなしており、1871-1989年は大蔵省に充てられていた。現在では「マルリーの中庭」と同様のガラス天井で覆われ、1993年以来17、18、19世紀の野外彫刻を収めている。

ビュー

このヴァーチャルツアーをご覧になるにはQuickTimeが必要となります。

来館情報

ルーヴル美術館、チュイルリー庭園、クール・カレは、新たな通達があるまで休館・休園いたします。
美術館のチケットをオンラインでご購入された方々には、自動で返金処理が行われます。返金に当たり、特にお手続きをしていただく必要はございません。
なお、返金処理数が膨大なため、ご返金まで三か月ほどかかる場合があります。
ご理解のほどよろしくお願いいたします。

チケットを購入する