Go to content Go to navigation Go to search Change language

ホーム>作品と宮殿>ヴァーチャルツアー>フランス ピュジェの中庭

彫刻
17-18世紀のフランス

下層:大型の奴隷像、浅浮彫およびメダイヨンは、国王ルイ14世を讃えてパリのヴィクトワール広場に建立された記念碑に由来する。ここに展示される屋外に置かれていた彫刻は、かつて王宮(ヴェルサイユ、チュイルリー)や貴族の館の庭園、あるいはパリの個人邸宅の中庭を飾っていた。ここでは、ピエール・ピュジェの大型で力強い大理石像が注目される。


上層:屋外に置かれていた彫刻が、あふれるばかりの叙情性や情熱、激情を表し、ロマン主義がモニュメンタルな作品にも表現されることを示している。例えば、デュセニュールの《怒りに燃えるロラン》や、バリーの《ライオンと蛇》などが挙げられる。
 

ビュー

このヴァーチャルツアーをご覧になるにはQuickTimeが必要となります。

来館情報

ルーヴル美術館、チュイルリー庭園、クール・カレは、新たな通達があるまで休館・休園いたします。
美術館のチケットをオンラインでご購入された方々には、自動で返金処理が行われます。返金に当たり、特にお手続きをしていただく必要はございません。
なお、返金処理数が膨大なため、ご返金まで三か月ほどかかる場合があります。
ご理解のほどよろしくお願いいたします。

チケットを購入する