Go to content Go to navigation Go to search Change language

ホーム>作品と宮殿>ヴァーチャルツアー>フランス ヴィアンの間

展示室 フランス ヴィアンの間

シュリー翼 - 3階 - 展示室934 - ヴィアン

絵画
フランス絵画

ジョゼフ=マリー・ヴィアンはケイリュス伯爵と並んで、「古代回帰」志向の中心人物だった。1763年、《アモルを売る女》を描いて「ギリシャ風の様式」を完成させている。ヴィアンは、ダヴィッドを含め1740年以降に生まれた世代の大画家の大半が師と仰ぐ人物であり、フランス絵画の「復興者」と見なされる。フランス絵画はヴィアンのおかげで「高貴な簡潔さ」を取り戻したのである。
 

ビュー

このヴァーチャルツアーをご覧になるにはQuickTimeが必要となります。

来館情報

ルーヴル美術館、チュイルリー庭園、クール・カレは、新たな通達があるまで休館・休園いたします。
美術館のチケットをオンラインでご購入された方々には、自動で返金処理が行われます。返金に当たり、特にお手続きをしていただく必要はございません。
なお、返金処理数が膨大なため、ご返金まで三か月ほどかかる場合があります。
ご理解のほどよろしくお願いいたします。

チケットを購入する