Go to content Go to navigation Go to search Change language

ホーム>作品と宮殿>ヴァーチャルツアー>フランス 第2次フォンテーヌブロー派

展示室 フランス 第2次フォンテーヌブロー派

リシュリュー翼 - 3階 - 展示室824 - 第2次フォンテーヌブロー派

絵画
フランス絵画

「第2次フォンテーヌブロー派」の芸術家たちは、1590年頃にフォンテーヌブロー宮の工事を再開し、フランスの装飾様式を刷新する。ガブリエル・デストレとその姉妹を描いた名高い絵は、官能性、清清しい色彩、イタリア・ルネサンス絵画の影響という、フランス宮廷絵画の特徴を余すところなく簡潔に表現している。

ビュー

このヴァーチャルツアーをご覧になるにはQuickTimeが必要となります。

来館情報

ルーヴル美術館、チュイルリー庭園、クール・カレは、新たな通達があるまで休館・休園いたします。
美術館のチケットをオンラインでご購入された方々には、自動で返金処理が行われます。返金に当たり、特にお手続きをしていただく必要はございません。
なお、返金処理数が膨大なため、ご返金まで三か月ほどかかる場合があります。
ご理解のほどよろしくお願いいたします。

チケットを購入する