Go to content Go to navigation Go to search Change language

ホーム>作品と宮殿>ヴァーチャルツアー>ラルカードの間

展示室 ラルカードの間

リシュリュー翼 - 2階 - 展示室509 - ラルカード

工芸品
中世

この部屋の名前の由来は、展示されている3点のタペストリーの寄贈者から来ている。このタペストリー連作には、シャルル8世の元侍従で王室財務行政官だったトマ・ボイエとその妻カトリーヌ・ブリソネの紋章が付いている。作品の主題は、中世ならではの文学ジャンル「パストゥレル〔騎士と羊飼いの娘の対話からなる抒情詩〕」に着想を得ている。
 

ビュー

このヴァーチャルツアーをご覧になるにはQuickTimeが必要となります。

来館情報

ルーヴル美術館、チュイルリー庭園、クール・カレは、新たな通達があるまで休館・休園いたします。
美術館のチケットをオンラインでご購入された方々には、自動で返金処理が行われます。返金に当たり、特にお手続きをしていただく必要はございません。
なお、返金処理数が膨大なため、ご返金まで三か月ほどかかる場合があります。
ご理解のほどよろしくお願いいたします。

チケットを購入する